【本の簡単な修理方法】実用的で頼りになる1冊を購入。

相変わらず地元小学校の図書ボランティアを続けています。
 
月に1回程度しか活動できないのですが、市立図書館から派遣されている学校図書館支援員の方に伺いながらお手伝いをしています。
 
これまでのところはブックコートフィルム(ブッカー)を掛けたり、背に貼られた分類番号を新しく貼り替えたり電算化のためのバーコードを貼る装備系の手伝いが大半。
 
その他にやらなくてはならない大事な仕事が破損した本の修理。
 
修理待ちの本がかなり溜まってきているので、まとまった時間が取れる日に取り掛からなくては…と思っているのですがなかなか腰があがらない…。
 
 
装備とは違い、本の壊れ方って1冊1冊違うのでそれぞれの本と向き合いながらどのように直すかを考えなくてはなりません。
 
 
これまでに県立図書館で定期的に行われる『本のお医者さん』や、市立図書館が開いてくれる学校ボランティア向けの修理講座に参加することで、本の修理についての概要は大分掴めたのですがやはり難しい。
 
その上予算の関係でブッカーの貼られていない学校の本は、公共図書館の本とは違う壊れ方をするものが多くて修理方法で迷うことがたびたびなんです。
 
インターネットで調べたり図書修理の本を読んだりと勉強はしているのですが、実用的で素人が取り組み易い解説にはなかなかお目にかかれません。
 
 
 
そんな折り、『こんな本が図書館に入っていましたよ』と支援員さんに教えられたのがこちらの本。
 
最近出版されたもののようです。
 

図書館のための簡単な本の修理
少年写真新聞社 (2019-06-22)
売り上げランキング: 50,424

 
 
早速図書館へ足を運び中身をチェック。
 
これは手元に置いておきたい!と早速Amazonで入手しました。
 
ページ数は多くありませんが、大判で写真を多用しながら詳細に解説してあります。
 
前書きにもありますが、この本は『保存』を目的としたものではありません。
 
利用頻度が高く(つまり人気がある)すぐに壊れてしまう絵本や児童書を、身近な材料と道具で手早く直しできるだけ早く書架に戻すことが目標。
 
どうしようもなく傷んだら最終的には買い替えることも視野に入れた修理方法です。
 
 
ちょっとしたページの破れなら、和紙とでんぷん糊を使った手のかかる方法ではなくページヘルパーのような補修用テープで直す、綴じ糸が緩んだ絵本も、多少の緩みであれば表紙を外して綴じ直すことまではせずにボンド+ヤマト糊のミクスチャーで押さえましょう、という考え方。
 
特に私が『有りがたい!』と思ったのは、公共図書館ではほとんど目にしないのに、ブッカーを掛けていない学校図書館の本にはとても多い背上部の壊れや欠け、見返し部分のはずれなどについての説明が分かりやすいこと。
 
こういうやつね ↓。
 

 

 
あとは見返しが壊れて背がバックリはずれた時にクータを入れる方法なども手順が具体的に解説されています。
 
 
実を言えば、この本で紹介されているケースはこれまでいろいろな方に教わってきたことや経験上自分の判断で行ってきたやり方が大半でした。
 
それでも、いつも半信半疑で恐る恐るやってきた方法が本になって紹介されているのを目にしたことは自信にも繋がってちょっとうれしかったです。
 
 
学校図書館など修理の必要な本はたくさんあるのに、誰かに教わる機会がなくて困っている方にはオススメの1冊。
 
 
コンテンツの量に対して値段が高めですが、自分で必要な時に手元にないのは不便なので自費購入しちゃいました。
 
 
学校の図書室に備えてもらって、ボランティアの皆さん誰もが手にとれるとベストなんだけどなあ。
 
 
 
 
 
↓ ポチッとしていただけると更新の励みになります。
 
にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
 
 

図書館の新聞・雑誌。切り抜きや持ち去りは窃盗だよ!

図書館の新聞や雑誌が切り抜かれてしまうという話が時々話題になりますね。
 
本を盗む(または借りたまま長期間返さない)よりも軽く考えられているのでしょうか。
 
 
私の住む地域の公共図書館でも、新聞・雑誌のコーナーに『切り取らないで!』の貼り紙がしてあります。
 
私も実際に雑誌のレシピや新聞の情報コーナーなどが切り取られているのを目にした経験あり。
 
日曜日にまとめて1週間分のTV番組表が掲載されている新聞だと、その部分がごっそり持ち去られていることもあるらしいです。
 
 
持って行く人は気軽な気持ちなのでしょうか。
 
 
新聞や週刊誌って一般の人は読み終えたら捨ててしまいますから、図書館では毎日・毎号を保存しているということに思いが至らないかもしれません。
 
何か事件等について遡って調べたいとき、思いつくのは新聞を調べることよね。新聞の過去記事を読みたい時には図書館に行けば読むこともできるしコピーしてもらうことも可能です。
 
発売時に数百円で気軽に手に入る雑誌だって、何年も前のバックナンバーを手に入れることは難しいですよね。出版社でも在庫がなくなったらそれでおしまい。
 
もちろん国立国会図書館に納本・保存されているのでコピー等を手に入れることは可能ですが、それは最終手段であって気軽に見ることなんてできません。
 
近所の公共図書館が保存しておいてくれているものは、古くたって基本的に貸し出しもしてもらえるのよ。
 
それが切り抜きなどできちんと保存されていなかったら困るのは私たち市民なんです。
 
何十年も昔の新聞や雑誌が読めるってとても有り難いことなんですけど、これは調べ物の経験がないと実感できないかもしれませんね。
 
 
 
 
余談ですが、先日オットが官報の話をしていて、ネットでは数年前の分しか見られないと嘆いていました。
 
『数年前』という短期間なことに私も驚きました。
 
それなら図書館ね、と思い調べたところ市立図書館では昭和43年の分から紙で保存されていました。さすがです。
 
 
もっと古いのはどうかしらと県立図書館を調べたら、マイクロフィルムではありますが明治時代に発行された第1号から保存されていることがわかりました。
 
すごーい!!
 
マイクロフィルムって学生の頃に扱ったことがことがある位で、図書館でマイクロフィルム資料を利用したことはありません。
 
オットとの調べ物につき合って一緒に行ってみようかな。
 

 
 
 
にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
 
 

老後の自己資金2,000万円問題。行き着く先は教育。

『老後の自己資金2,000万円』報告書問題。
 
何が問題になっているのかさっぱりわからん。
 
 
ちょっと計算すれば誰も納得できる現況を、報告書としてまとめただけではないの?。
 
 
計算の根拠が与党の気に入らないっていうだけで、その存在さえ認めないってよくわからんわ。
 
ある一定の条件のもとで調査した報告書っていうだけでしょ。
 
『国民の不安を煽る』っていうけど、不安というのは知らないからこそ生まれるもの。
 
 
国が隠そうとすればするほど疑心暗鬼になるし不安になるんだよ。
 
人口減少や支える世代の割合が減少することはずーーーっと前から叫ばれていたのに。
 
真剣に対策せず都合良く隠して誤摩化して来たことを、お役人がついついはっきり書面にしちゃったら選挙前で敏感になっている与党のオジサンたちのご機嫌損ねちゃったってだけだよね。
 
 
この作業部会のトップが謝っていたけれど、役人として当たり前の仕事をしただけだと私は思うよ。
 
この手のものって政策を作るための根拠というか叩き台というか、とっかかりになるものだと理解しているのだけど…。
 
事実は事実としてオープンにした方が冷静になれることは原子力発電所の事故でよーく分かったんじゃなかったのかな。
 
 
研究報告とか論文とかって、恣意的に数字をいじくり回されたらそのデータをもとに次のことを積み上げられない。
 
たったひとつの完璧な正解を提供するものではなくて、だれかが何かを考えるときの正確な参考資料となることが大事なのに。
 
自分の保身ばかり考えるオジサンにねじ曲げられたら私たち国民が困るんだわ。
 
 
それを追求する野党の論調もちょっと情けない。
 
蓮舫さん、『100年安心はウソだったんですか!』って叫ぶことのアホさ加減を分かっていないよ。
 
突っつくべきはそこじゃないでしょ。
 
具体性がまったくなくて感情ぶつけているだけ。
 
これでは『ナイス!野党!』とは応援できないねえ。
 
 
 
先日の統計不正問題でも思ったけど、事実と感情を切り分けて自分の頭で考えるような教育を受けて来ていないよね、日本のほとんどの一般ピープルは。
 
だから数字・資料の大切さもわからない。平気で誤摩化す隠す。
 
 
読む人の状況が異なるからこそ、どんな条件での数字なのかや何をもとにした資料なのかを正確に記す必要があるわけだよね。
 
日曜日のNHKで日曜討論に出ていた自民党の人が、その条件がどうのこうのだから報告書がおかしいみたいなことを言ってたけど、本当に的外れ。
 
そこに書かれた条件と自分の条件を照らし合わせながら、自分の将来について考え判断するわけでしょ。
 
そういうのを情報リテラシーというのかな?
 
 
何年か前から学校教育にもそういう項目が入っていた気がするんだけど、子供たち見ていると全然そんなこと教育されていないような気がする。
 
公立の教育で普通に育ってくると『民主主義=多数決で物事を決める』くらいにしか思わないよ。
 
だから選挙に行っても多数決で負けるんだから無意味〜としか思えない。
 
プログラミングよりも英語教育よりもよっぽど大事だと思うのだけどねえ。
 
多分お上にとっては都合悪いんだね、国民が自分たちできちんと考えるようになると。
 
 
 
『文系だから数字はニガテなの♡』だの『理系だから政治に疎くて…』なんてボーッしていると5歳のチコちゃんに叱られちゃうぞ!
 
 
 
実はこのあたりが、公共図書館の存在意義だったりもするのね。
 
 
国民の知る権利を保障することで、知る→考える→判断するという民主主義を担保するための施設。
 
だから無料で誰でも利用できるんだよ。
 
 
図書館なんて流行の小説をタダで読めるだけの場所でしょ…なんて思っていると、これまたチコちゃんに叱られますよ。
 
 

 
 
 
 
にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
 
 

『青少年読書感想文全国コンクール』課題図書【2019年度】

今年の読書感想文コンクール課題図書が発表されていますね。
 
全国学校図書館協議会 第65回青少年読書感想文全国コンクール
 
全国学校図書館協議会のWEBサイトでは本のタイトルや著者等の文字情報しか掲載されていなくて、なんだか味気ないの。
 
絵本ナビへ飛ぶ広告用リンクですが、表紙の画像を貼っておきます。
 
 
【小学校低学年】へジャンプ
 
【小学校中学年】へジャンプ
 
【小学校高学年】へジャンプ
 
【中学校】へジャンプ
 
【高等学校】へジャンプ
 
 

 
 
【小学校低学年】


魔女ののろいアメ(PHP研究所)
著者:草野あきこ・作 ひがしちから・絵
本体価格:1,200円
ISBN978-4-569-78810-4
 
 

スタンリーとちいさな火星人(あすなろ書房)
著者:サイモン・ジェームズ・作 千葉茂樹・訳
本体価格:1,400円
ISBN978-4-7515-2840-2
 
 

心ってどこにあるのでしょう?(金の星社)
著者:こんのひとみ・作 いもとようこ・絵
本体価格:1,400円
ISBN978-4-323-02466-0
 
 

もぐらはすごい (アリス館)
著者:アヤ井アキコ・作 川田伸一郎・監修
本体価格:1,500円
ISBN978-4-7520-0837-8
 
 
 
 

 
 
【小学校中学年】


かみさまにあいたい(ポプラ社)
著者:当原珠樹・作 酒井以・絵
本体価格:1,200円
ISBN978-4-591-15849-4
 
 

子ぶたのトリュフ(さ・え・ら書房)
著者:ヘレン・ピータース・文 エリー・スノードン・絵 もりうちすみこ・訳
本体価格:1,400円
ISBN978-4-378-01524-8
 
 

そうだったのか!しゅんかん図鑑(小学館)
著者:伊知地国夫・写真
本体価格:1,300円
ISBN978-4-09-726777-5
 
 

季節のごちそうハチごはん(ほるぷ出版)
著者:横塚眞己人・写真と文
本体価格:1,500円
ISBN978-4-593-56337-1
 
 
 
 

 
 
【小学校高学年】


ぼくとニケ(講談社)
著者:片川優子・著
本体価格:1,400円
ISBN978-4-06-513512-9
 
 

かべのむこうになにがある?(BL出版)
著者:ブリッタ・テッケントラップ・作 風木一人・訳
本体価格:1,600円
ISBN978-4-7764-0816-1
 
 

マンザナの風にのせて(文研出版)
著者:ロイス・セパバーン・作 若林千鶴・訳 ひだかのり子・絵
本体価格:1,500円
ISBN978-4-580-82335-8
 
 

もうひとつの屋久島から:世界遺産の森が伝えたいこと(フレーベル館)
著者:武田剛・著
本体価格:1,500円
ISBN978-4-577-04625-8
 
 
 
 

 
 
【中学校】


星の旅人:伊能忠敬と伝説の怪魚(小峰書店)
著者:小前亮・著
本体価格:1,600円
ISBN978-4-338-08162-7
 
 

ある晴れた夏の朝(偕成社)
著者:小手鞠るい・著
本体価格:1,400円
ISBN978-4-03-643200-4
 
 

サイド・トラック:走るのニガテなぼくのランニング日記(評論社)
著者:ダイアナ・ハーモン・アシャー・作 武富博子・訳
本体価格:1,600円
ISBN978-4-566-02459-5
 
 
 
 

 
 
【高等学校】


この川のむこうに君がいる(理論社)
著者:濱野京子・作
本体価格:1,400円
ISBN978-4-652-20289-0
 
 

ザ・ヘイト・ユー・ギヴ:あなたがくれた憎しみ(岩崎書店)
著者:アンジー・トーマス・作 服部理佳・訳
本体価格:1,700円
ISBN978-4-265-86043-2
 
 

ヒマラヤに学校をつくる:カネなしコネなしの僕と、見捨てられた子どもたちの挑戦(旬報社)
著者:吉岡大祐・著
本体価格:1,400円
ISBN978-4-8451-1554-9
 
 
 
にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
 
 

遠くの観光地より近くの図書館【大型連休】

世間は10連休。
 
自営業で普段から夫婦揃って家にいるのであまりピンときませんが..。
 
下の子だけがカレンダー通りの10連休。
 
大学生はカレンダーとはあまり関係がない模様。今日は普段通りゼミに行くそうですよ。
 
 
 
世間が休みなことにハッと気づくのが、車で大通りに出るタイミング。
 
うちから車で30分とかからないところに『一度は見たい風景』の某国営公園があるので、その混雑と言ったら….。
 
みなさん出先の渋滞はあまり気にせずお出掛けするのでしょうかね。
 
 
 
我家の面々はとにかく混雑するところが苦手なので、大型連休らしい場所にでかけることはあまりなく…。
 
この連休の過ごし方といえば、私は図書館通い、オットはカメラ片手に近隣の農家を訪ねては取材三昧。
 
上の子は観光地の飲食店でバイト、下の子は入学早々の赤点で大量の宿題を頂戴してヒーヒー言いながら取り組んでいます。
 
 
 
私の連休のお薦めはなんといっても図書館です。超穴場です。
 
4月23日から5月12日まではこどもの読書週間ということもあり、各館いろいろなイベントを催しているようですよ。
 
ミニコンサートや映画の上映、子どもさん向けのワークショップ的なものなどなど。
 
お天気のよかった日曜は遠出されてしまったのか家族連れはあまり見かけませんでしたが、寒かった土曜日は賑わっていましたよ。
 
あとは、連休中に読む本を借りるサラリーマン風の若い方がたくさん本を抱えている姿も目につきますし、フレッシュ感満載の大学生や高校生らしき方が意気揚々とした感じで利用登録をし、職員さんにあれこれ質問をしている姿もあって、なんだかうれしくなっちゃいました。
 
 
連休中盤はお天気もイマイチなようですから、いつも馴染みの近くの図書館へ行くも良し、少し足をのばして話題の図書館を訪ねてみるも良し…ですよ。
 

 
 
 
にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ