蒸し暑い夜のイライラ爆発

おそろしく蒸し暑かった昨日、もう何もかにもヤル気がおきない。
 
夕方は疲れと汗みどろとでイライラマックス。
 
お風呂に入る前に全ての雑用を終わらせようと夕飯の後片付けやら洗濯物の片付けやらしていたらぶち切れてしまったよ。
 
 
カウンターテーブルの上には筆記用具やら眼鏡やら読みかけの本、洗面所のちょっとした物置台には下の子が脱ぎ捨てた制服や水着バックが散乱。
 
 
なぜ自分の使った物をもとに戻さない!!!!
 
『共用の場所を使ったら現状復帰』とお願いしているのに。
 
そもそも自分のことなのに、なぜ私がお願いしなくてはならないの?というのも不満。
 
 
乾いた洗濯物は自分で畳んで自室へ持って行くとかさあ。
 
毎日毎日洗って干してもらっているだけでも有り難いと思わんのか!?
 
毎食の食事や弁当の用意に洗い物。
 
『お母さんがやるのが当然』と思っているから(無意識だろうけどね)、どんなに自分が暇でハハが忙しかろうと疲れていようとおかまいなし…。
 
 
オットはね、まあ仕方ないかな..と若干割引。
 
暑い中の外作業やお客さんの無茶な要望に応えたり。
 
収入にまったく繋がらない町内の仕事まであれこれ引き受けてて頭が下がるくらいの働きぶりなので、家の中の事であまりぐずぐず言いたくはないの。
 
それでも使ったものが使った場所に全ておきっぱなしというのはいかがなものか…。
 
筆記用具やノートに電卓、脱いだ靴下から郵便物まで。
 
 
とにかく『ここで用事を済ませたのね』というの形跡が家中に広がっていて、その後を追うように片付けて歩いている私。
 
 
はあ。疲れるよ。
 
大人の生活習慣を変えるのは無理なんだよね。
 
諦めた方が精神衛生上よいのは分かっているけど、自分が疲れていたり余裕がない時はやはり爆発してしまうわ。
 
 
この『見えない家事』っていうやつは本当に厄介なんだなあ。
 
せめて大人になったムスメたちよ、ハハとの家事分担割合を少しづつ変えてくれないかね。
 
小さな頃は君たちの出来なかったことを大人がやってくれていただけなんだよ。
 
親もそろそろ気力・体力が落ちてきているんだから、自分たちの負担割合を増やしてちょうだいな。
 
 
 
蒸し暑くてどよ〜んと疲れた朝の繰り言でございました。
 
 
さあ、仕事に出かてまいろうかね。
 
 

 
 
にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
 
 

生乾きの洗濯物のニオイ。こんなに簡単に開放されるのに合成洗剤を使う理由は?

アルカリ剤(過炭酸ナトリウム)だけでの洗濯を続けて10日以上が経ちました。
 
連日の梅雨空で毎日部屋干し。
 
それなのにあの嫌なニオイがまったく発生していないってことは、キチンと洗えてるってことだよね。
 
すすぎも1回で続けていますが問題なし。
 
なんだか狐につままれたような気持ちですよ。
 
 
 
次から次へと登場する合成洗剤の新商品。
 
これらのラインナップ上に『部屋干し用』と謳う商品がでてくるということは『従来製品を使うと部屋干し臭が出るよ』と言っているも同然。
 
つまりキチンと汚れが落ちていないので、乾きにくい環境では雑菌が繁殖しちゃうよと自ら白状しているわけね。
 
部屋干し用のおススメ洗剤を紹介するサイトもたくさんありますが、そこにランキングされているメジャーな洗剤を使っても大して効果がないと感じるのは私だけ?
 
 
洗濯機に洗濯物を突っ込み、大さじ2杯の過炭酸ナトリウムをふりかけてスイッチポンするだけの方法にいつまでもかなわない合成洗剤。
 
大企業が何年も研究開発しているのに解決しないなんて不思議だと思いませんか?
 
わざと汚れ落ちの悪い洗剤を売っておいて次々と新しい商品を買わせる戦略のようにさえ感じてしまいます。
 
 
水の使用量も減りいい事尽くめなのにどうして世の中に普及しないのかとっても不思議。
 
どこかに大きな落とし穴があるのかなあ。布が傷みやすいとか?。
 
我家では今のところ何一つ問題なし。
 
生乾きの洗濯物をクンクンして、少しでもその兆候を感じたら熱湯に漬けていたのがウソのような毎日で本当に快適♪。
 
 
 
にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ

『#ノープラ生活』どこまでできる?

先日『クローズアップ現代+』で取り上げられていたプラスチックゴミの問題。
 
番組をきちんと見られなかったのでwebサイトで改めて見てみました。
 
日本は個人1人当たりが出すプラスチックゴミの排出量・輸出量ともに世界でワースト2位ですってよ、奥さん!!
 
確かに、自分のまわりをちょっと見直しただけでも何から何までプラスチックだものね。
 
 
 
 
番組スタッフがプラスチックが含まれているものを一切使わない『ノープラ生活』にチャレンジした様子が衝撃的でした。
 
消耗品に限らず、各種家電、眼鏡、パソコン、スマホ、カメラなど身の回りの必需品でプラスチックの使われていない物はほとんどありません。
 
クレジットカードやATMのキャッシュカードもないと困るよねえ。
 
これらを排除すると、普通は生活が全く成り立たなくなりますね。
 
なかなか自分で試せることではないので番組の企画としてはとても面白いと感じました。
 
私たちの暮らしがどれほどプラスチックに頼っているかがよくわかります。
 
 
食料品などは計り売りの物を買ったり、昔ながらの経木・新聞紙などに包んで持ち帰るなどすればプラスチック包装を減らせそうな気がしますが、洗剤・シャンプーなどの容器やトイレットペーパーのビニール包装は難しいなあ。
 
食料品だって日常の買物を近所の商店でする分には可能でも、遠くのスーパーまでボウルを持って行って豆腐を買うのは現実的じゃないしね…。
 
 
 
まずできることから…と考えると、使い捨てのプラカップや弁当容器が出ないような消費行動でしょうか。
 
マイボトルを活用してペットボトルは使わないようにと思っても、魅力的な飲料がコンビニに並んでいると買いたくなっちゃうなあ。
 
あとは小さくパックされた物をちょこちょこ買うのではなくビッグパックで購入し、使い回せる容器に小分けして保管するとか?。うーん微々たるものですね。
 
私は食品の小分けにジプロックの袋を愛用していて心苦しいのだけれど、一応洗いながら何度も再利用しています。
 
新品をおろすのは漬け物や味付け玉子を作る時など、食材を直接入れてそのまま食べるような場合。
 
2回目は余ったおかずが入った皿にかけて冷蔵庫へ..という時。
 
次は、ラップで包んだ肉を冷凍庫に入れるときとかかしらね。
 
少し使い込んでくると野菜の保存でしょうかね。野菜は使う前に洗うからね。
 
かなりくたびれてくると、ちょっと土がついているような野菜の保管に使います。
 
その頃にはチャック部分が破れて来たりするので、最後の最後は水分の多いゴミ等を入れて捨てます。
 
もちろん、こういうプラスチックバッグなんて使わないのが良いのは分かってるんだけどね。
 
 
 
梱包材は昔に比べてエコ素材が使われるようになったのではないかしらね。
 
発泡スチロールではなく、段ボールの形を上手に工夫してあったり紙や空気で膨らませるタイプの緩衝材が使われていることが増えました。
 
マクドナルドなんかも昔は発泡スチロールの大きな容器に入っていて、食べた後のゴミの多さにウンザリしたものですが、今は防水性の高い紙や紙コップが使われているので純粋なプラスチックゴミは大分減りましたね。
 
ドリンクの蓋とストロー、コーヒーミルクとガムシロップの容器くらいですが、これは店頭で断ることが可能だわね。
 
 
 
 
最近ウンザリするのは弁当容器。
 
現場作業でコンビニ弁当を食べたり、スーパーのお惣菜を買ってくることが割と多いのよ我家では。
 
食べた後のゴミの多さがねえ、なんとかならないかなあ。
 
家で料理すればいいのは重々承知しているので、そこへのツッコミはなし。
 
デポジット制で繰り返し使える容器にして、返却したらお金が返ってくるようなシステムにするのはムリ過ぎ?
 
昔はジュースもビールもそうやって買っていたし、だいたい出前ってそういうシステムだよね。デポジットではないけれどそういう手間賃が値段に含まれているというか。
 
大手企業が本気になれば出来そうな気もするのだけどね。
 
同じコンビニチェーンならどこでも返せるとかにして。
 
出来ることならセブンアンドアイグループ内やイオングループ内ぐらいまで広まっていると便利だなあ。
 
 
環境のことに配慮した生活ってやはり手間がかかるのよ。
 
一旦手に入れたこの便利さを手放すのはなかなか難しい。
 
貧乏暇なし面倒くさがりの私にはなかなかハードルが高くて、脱プラスチック生活にはほど遠いです。
 
 
せめて自分のできることから少しずつやっていきます。
 
ちょっと余裕があるなら『こんな仕組みはいらないよ〜』と社会に向かって声を上げることで、企業にも工夫をしてもらえればなお良しですね。
 
 

 
 
にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
 
 

浴室掃除もセスキスプレーでOK?

ここ10年くらいお風呂掃除は泡ポンプに入れた液体石鹸を使っていました。
 
こちらの製品の空き容器をずーっと再利用していたの。
 


 
デザインがイマイチだと思いつつも、壊れるわけでもないのでずーっとそのまま使っていたのですがさすがに古ぼけてきたので先日廃棄しました。
 
見た目スッキリな泡ポンプを買うまでのつなぎに、よくあるお風呂洗い洗剤(バスマジックリンの類いね)を使っていました。
 
2ヶ月くらい使っているのだけど、汚れ落ちがそれほど良いわけではなく200円近くする詰替え用がすぐになくなってしまいどうもコスパが悪い。
 
そこでハタと思い立ち、マジックリンの空き容器にセスキ溶液を入れてシュッシュしながら使ってみたらなかなか良い感じ。
 
 
台所をはじめとする家中の掃除に日常使いしていたのに、なぜかお風呂掃除に使ってみようと思ったことはなかったのです。
 
 
お風呂汚れのモトは人間の脂。台所や家具の手垢などと基本的に同じ成分ですからアルカリが有効なわけですね。
 

 
セスキの1Kg入が400円!
 
500mL程のスプレー容器に使うのはせいぜい5〜10gですし、いちいち用途別に洗剤を用意して在庫管理する面倒がないので、面倒くさがりの私には本当にありがたい。
 
スプレーの詰め替えが100回できるとしてスプレー1本分で4円!?
 
セスキスプレーだけでやっていけるかどうか、少し様子を見てみるつもりです。
 

 
 
液体石鹸の洗浄力は魅力的だけど石鹸カスが出ないようにするのはちょっとコツがいるので面倒と言えば面倒。
 
セスキメインで時々は石鹸でガッチリ洗うようにすればいいかなあ。
 
 
 
もともとは身体や顔を洗うために浴室に常備していた液体石鹸。
 
こどもたちがお年頃になりボディーソープや洗顔フォームを使いたがるようになってしまったので、すっかり掃除専用になってしまっていましたが、やはり液体石鹸が1本あると何かと便利なんですよね。
 
早く新しい泡ポンプを買わなくちゃ。



いろいろあって迷っちゃうな。

 
にほんブログ村 主婦日記ブログ 勉強している主婦へにほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
 
 

家で仕事をするということは【自営業妻】

自宅が職場になってから20年以上が過ぎました。
 
会社員時代に比べると、通勤時間プラスお出掛け用意の時間で2時間以上の時間が節約されている計算。
 
しかも出かけるまでに洗濯物を干してしまわねば!、などという制約もありません。
 
寝ぼけマナコでぼさぼさ髪のままパソコンに向かいメールをチェック。
 
天気がよければ2回洗濯機を回すことも可能ですし、プリンターで出力待ちの間に掃除機をかけながら朝ご飯を口に突っ込む…というような、家事と仕事の同時進行が可能なのは主婦にとってとてもありがたいことです。
 
子どもが小さい頃は、保育園に送って帰宅してからゆっくりコーヒーを淹れてからパソコンの前にもまだ9時前。
 
勤めに出るよりはるかに時間を有効に使えることが本当にありがたかったです。
 
 
 
しかし、いつしかそんな生活が当たり前。
 
いつでもおやつが目の前にあり好きな時間にネットサーフィンが出来るとなると….。
 
自分の欲望をコントロールして仕事に集中するのが難しくなってきます。
 
 
急ぎの図面を目の前にしながらも『むずかしい〜!飽きた〜!疲れた〜』とすぐに逃避。
 
お昼を食べた後は眠くなっちゃうしね。
 
ブログの更新も自分への義務と言いつつ仕事からの逃避でもあり…。
 
夜も土日も使えるというのがまた、ずるずると自分を甘やかす口実にもなってしまいます。
 
 
会社勤めは出勤してしまえば仕事に集中するしかないし、できるだけ残業しないよう時間をやりくりせざるを得ません。
 
在宅で時間を自由に使うのと、嫌でもやらざるを得ない環境に身をおくのとどちらが楽かと聞かれたら、ちょっと返答に困ってしまいますね。
 
自宅で仕事をするにしても、プライベート空間と仕事場をきちんと分けてあれば少しは違うのかもしれませんが。
 
 
 
まさに今、急ぎの仕事を尻目にブログ更新に逃避中〜。
 
 
 
にほんブログ村 主婦日記ブログ 勉強している主婦へにほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ