私にとって「ミニマリスト」という発想は異次元のもの

そうそう、こんな本も借りたんだった。
 
話題のミニマリストというものに興味を惹かれて数ヶ月前に予約したもの。やっと順番がまわってきました。


感想をひとことで言うなら『私にはできない。』でした。
 
 
もちろん、モノの少ないスッキリとした生活空間・シンプルな道具を厳選する、というコンセプトは共感できるんです。
 
ただ、あそこまで絞りすぎるとなんだか寂しい..。風景として寂しいというより、モノに対する気持ちとしてああいう生活は私にはあり得ないなあと思ったのでした。

 
たとえ100円のボールペンでも、わくわくっとしたものを手に入れる嬉しさとか、普段は着てみたことのないテイストの洋服にチャレンジしてみるドキドキ感とかね。
 
迂闊に買ってしまったモノを、結局捨てることになる罪悪感はもう味わいたくない!という経験をさんざん繰り返し、ようやくこの歳になって本当に欲しいものが判断できるようになってきたと感じるようになりました。本当に欲しいもの=品質・デザイン含めて納得できるものってお値段が高くてなかなか買えないんですけどね….。
 
無印良品の商品にはシンプルで使い勝手のよさそうなものはたくさんあるんだけど、本当に欲しいものかというと何かが違う。シンプルで無駄はないので生活用品として不満はないものばかりですが『これ買って本当に良かったよね♪』という気持ちで毎日使えるものではないんです。
 

もうひとつ付け足すなら『無駄も大事』かな。
 
何かの役に立つわけでもないのに惹かれるモノってあると思うのですが『こんなもの無駄!』と割り切るじゃあ人生寂しくない?というか…。
 
結局はそんなことを言っているからモノが増えちゃうのよね、ということも感じつつ、アラフィフが向かうべき方向とはちょっと違うよねという一冊でした。
 
 
 

イラっとポイント解消♪ほんのちょっとのことなのにね。

日常生活を送る上でのちょっとしたストレスが解消されるとスッキリしますよね。
  
あまりにも些細なことなので、このような場で書くのはちょっと恥ずかしいのですが、この連休で解消できた私のプチストレスはといえば…。
  
  
【その1】破れてきた洗顔用泡立てネットを新調
 
朝晩の洗顔になくてはならない泡立てネット。100円ショップのものでも十分といえば十分ですが、前にたまたま買ったDHCのものがとても使いやすいので浴室用にリピート買い。ネットの材質が軟らかく編目の細かさもちょうど良い感じで、少量のせっけんでふわふわの泡がたっぷりできるんです。洗面所で半年以上使っていますがまったくヘタってくる気配はありません。これで税込144円(しかも信頼の日本製ですって!)ですからね。よく行くショッピングモールのDHCショップで手に入る安心感もGOOOOOOD。どうか廃番になりませんように。
 
   
【その2】浴室の泡立てネット↑用フックを使いやすく
 
前述の浴室用泡立てネット。プラスチックのS字フックにつるして使っていたのですが、ネットを手にとるたびに一緒にはずれてしまい、毎回小さくイラッとしていました。何年も溜め込んだイラッとポイントを解消してくれたのが、無印良品で発見したこんなS字フック。ちょうど浴室のタオル掛けバーにピッタリでした。バーが製品の想定より少し太いのでギュッと押し込めてしまったら、今では外れるどころか横にズレることもなくて快適快適。
  
  
【その3】よれよれの台所用アクリルタワシを交換
 
作り置きしてあった6枚のアクリルタワシ。とうとう最後の1枚がよれよれのへろへろで使い物にならなくなっていました。年度末の忙しさで私もよれよれのへろへろだったので我慢して使っていたのですが、もう限界!ということで一枚だけ作りました。取りかかってしまえば1時間程度で4〜5枚作れてしまうのですが、なかなかねえ…。
  
  
【その4】洗面所のヘアアイロン用カゴ設置
  
使用直後の熱いヘアアイロン。ファンヒーターの上にちょい置きしたまま誰も片付けてくれないのよね。収納場所がナイロン製バッグだったので、使用後すぐしまうわけにはいかず『冷めたらここにしまって!』と何百回言ったところで朝ドタバタと出かけていく子供たちがそんなことするはずもなく…。タオル掛けバーにゆる〜いS字フックでぶら下がっているバッグというのも使いづらいことこの上ないわけで、これまた長年のイラッとポイントでした。
  
こちらも無印良品で見つけたステンレスラックを洗面台横に取付けてようやく解消。サイズ感もドンピシャリで熱いヘアアイロンをそのまま置けるステンレス製、使い終わったらさっとコンセントを抜くだけと大満足。いつも所在なげに放置されていたアイロンがちゃんと定位置に戻されるようになりました。
   
 
どれもこれも数百円とか数分で済んでしまうような些細なことですが、超〜〜〜スッキリ!!。
  
 
  
 

カレーパンがたくさんできました。美味しい!。

夕食用に作ったドライカレーが冷蔵庫に少し残っていたので、久々にカレーパンを作ってみました。
  

currypan
 
 
近所のスーパーでは、最近ゴールデンヨットが安いのとセブン&アイブランドのイースト(分包されていて使いやすい!)がこれまた割安なので、ここのところHBで家パンすることが多くなっています。
  
今回も生地づくりはHBにおまかせ。購入してから15年以上経ちますがまだまだ現役で頑張ってくれています。
  
hb
上手にできないので写真をのせるのは恥ずかしいのですが、次回のために工程を備忘録として残しておきます。
  
**************************************************************
分量 : いつもの食パンと同じ
具  : 玉ねぎ・人参・ピーマンのみじん切り・豚挽肉。
    S&Bのカレー粉・塩・胡椒で味付け
 
■ 7:00〜
・生地コースセット

■ 9:00〜
・ ケースから取出し12分割し丸める。
・ ラップをかぶせて20分ベンチタイム
・ 待つ間にアルミホイルを小さく切り、サラダ油を塗っておく
kiji

benchtime

oil

 
 
■ 9:40〜
・ 生地を楕円形に延ばし具を包む
・ 餃子のような半円形に形成して綴じ目を下に置く
・ 牛乳にくぐらせパン粉をまぶす(舟形に整えながら)

seikei

panko

hakkoumae

 
 
■ 10:45〜
・ オーブンの発酵コースで40分

hakkougo

 
 
■ 11:30〜
・ 2倍くらいの大きさに膨らんだら油で揚げる
(油に入れたらすぐに、一度ひっくり返しておくとコロンと戻ってこない)
(説明書にはフォイルごと油に入れてすぐに剥がすとあるが、最初からトングでそっと持ち上げればフォイルごと入れなくても上手くいく)
fry

 

**************************************************************
 
  
材料費は電気代含めても多分300〜400円程度。
お菓子やパンを手作りする度に『売っているものの値段のほとんどが手間代なのだなあ〜』とつくづく感じます。
  
もちろん味も形もプロのものとは比べ物にはなりませんが、お財布を気にせずたらふく食べられるのって幸せ♪
 
最近では、学校から帰ってきた下の子のハラペコ度が凄まじいので、市販のお菓子ではあまりにも不経済。なるべく安くて栄養の足しになるような物を用意しておかなくては、というのもあるんですけどね。
 

 
 
 

とうとう大晦日、なんとか間に合わせます!

なんだかんだと大晦日になっちゃいました。
 
冬休みですっかり朝寝坊になっている子供たちを叩き起こし(といっても既に8時!)、家族揃って朝ご飯。
 
朝ドラ『あさがきた』のダイジェストを見たいけれどぐっとガマンして、家事に取りかかります。トイレの掃除まで終わったところでやっとこさ料理の準備に取りかかります。
 

おせちといってもほとんどはスーパーで市販品をお重に詰めるだけなので、家で作るのは紅白なますと筑前煮、豚バラの角煮だけです。
 

それでも、ひととおり仕込み終わったらお昼過ぎ。

 
ここまでですっかり疲れてしまったので、コンビニに行くというオットがついでに何か買ってきてくれるそうです。ついでに年賀状の残りをポストに投函して車に給油してきてくれるよう頼みました。
 

年末に主婦が家を出るのは大変なのよ!
 
 
ただいま筑前煮は火を止めて味が染み込ませ中。豚の角煮はとことん煮汁を煮詰めるためにずっと火にかかった状態です。

 
台所が落ち着いたら、最後に軽くガス台周りを掃除して部屋の掃除機がけで終了かな〜。あ、お餅を切らなくちゃ。

 
あとは夕方年越し蕎麦の準備をしながら、子供たちにお重詰めをまかせて終了予定です。
 
 
テーブルにお菓子やジュースを並べて大晦日の夜は紅白を見るのが恒例。
 
もうひと踏ん張り!
 
 
 

年末掃除は、ほどほどで終了

一昨日に引き続き、昨日は洗面所の北側窓を制覇!
 
『制覇』というほどのこともないのですが、北側の窓って結露のせいかカビとホコリが混じったイヤ〜な汚れになるので、一旦タイミングを逃すとなかなか手が出なくなっちゃうんですよね。
 
夏のうちに一度は掃除しておいても、寒くなる冬はかなり億劫….。でもこのままにしておくのも嫌なので『今日はこの一カ所!』と自分に言い聞かせて手を出しました。前日のキッチン北側窓よりは手強く、サッシのレールまで終える頃にはうんざりした気分に。

 
それでもなんとか終えると、その周りの洗濯機を置くパンの中とか洗濯機の中とかいろいろ目についてしまい、広範囲に手を出してしまいました。
 

お昼過ぎから始めて3時まで、かろうじて目につくところは終了。もっとやりたいところはありましたが子供たちがコーヒーを淹れてくれたので休憩。
 
そのあと仕事関係の友人が訊ねてきたこともあり、掃除はここまで。
 
 
 
台所のガス台周りを今日片付けて、年末の掃除は終了。あとは大晦日に普段の掃除をちょっと丁寧にするだけにします。
 
『綺麗になった感』があまりないのは、普段がひどいので仕方がないんですけどね。それでも思い切っておもちゃや本を大量処分したので、自分の中では『ヨシ!』とします。