個人事業主の家計管理【続き】

零細個人事業主の我家は事業用も生活用も全て一緒くたの管理。
 
 
メイン口座に全ての売上が入金されるようにしておき、現金で回収したらそれも一旦口座へ入金します。
 
公共料金やカードの引き落としや材料の支払などは全てこの口座から。
 
自宅が事務所兼作業場になっているので電気や水道などの光熱費も分かれていませんし、ホームセンターへ行けば仕事の道具や材料から家庭用のトイレットペーパーまで1枚のカードでお支払い。
 
この他に定期積立、住宅ローン用、教育資金準備用の3口座があり、メイン口座から毎月一定額移しています。
 
定期積立は、車の買い替えなどまとまった資金が必要なときやメイン口座の残高が足りなくなった時に使うため、貯蓄というよりはバッファーのような役割。
 
 
事業用のお金と生活資金はきちんと分けた方がよいのでしょうが、毎月の収入が大きく変動するので家計用に一定の予算を確保しておくのはちょっと難しい。
 
 
ですから日常的な食費や日用雑貨費などは月ごとの予算立てナシ。
 
そのときにお買い得になっている商品があればそれをカゴへ。特別安ければいくつかまとめ買いする程度。
 
食料品もメニューを決めて買うというよりは、旬の安い物や豆腐・牛乳・卵などの定番品をとりあえず買い込んでその中から日々メニューを考える感じです。
 
スーパー又は食料品も買えるドラッグストアへ行くのはできるだけ週1回にして毎回1万円以内に納めるというざっくりした目標のみ。
 
こどもの被服費については季節〜年間単位でだいたいの金額に納まるようなイメージで買うようにしています。自分の分はもはや数年単位でのやりくりすよ。
 
 
最近では収入が一定しないということは支出も一定にできないと割り切っています。
 
とにかく無駄遣いはしない。でも使えるときは気持ち良く使う。
 
今のところはこの考え方が一番自分に合っているような気がしています。
 
 
にほんブログ村 主婦日記ブログ 勉強している主婦へにほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
 

個人事業主の家計管理

自営業というのは毎月決まったお金が入ってくるわけではありませんし年2回のボーナスもありません。
 
特にひとり親方の個人事業主というのは毎月の収入どころか年収さえもその年によって大きく変動します。
 
巷にあふれている家計管理の方法ではなかなかぴったりくるものがないので、結局は自分の『動物の勘』に頼ったざっくりしたやり方に落ち着いています。
 
個人事業主だと仕事に使う物と生活に必要なものを一緒に買ったり、電気や電話のように料金を折半する項目も多いので、節約記事でよく見かける『項目別に月々の予算をたてて封筒に取り分けておく』的なやり方は果てしなく面倒なのです。
 
複数の顧客からから細々とした仕事を受けていると入金のタイミングも金額の大きさもバラバラ。
 
支払は金額も日にちも前もって把握できるけど、入金は相手次第で何ヶ月も先になったりするので支払のタイミングで口座が空っぽなんていうこともしばしばです。
 
 
 
そんな事業の流れを中心に生活していると家計にいくら回せるかなんて二の次で、結局は年末に事業の帳簿を締めたあとの『事業主貸』項目で確認するような感じになってしまいます。
 
そうはいっても事業の帳簿は会計ソフトでつけているので、会計年度の途中でも検索すれば事業主貸の内訳も把握は可能。
 
サラリーマン家庭で育った私が自営業生活に足を踏み入れて約20年、振り返ってみれば自分なりにいろいろと試行錯誤してきたことに気づきます。
 
 
個人事業主家庭になったばかりで給与所得者向けの節約記事を読んで悩んでいる方もいらっしゃるかもしれませんが、とりあえず会計ソフトで帳簿をつけてみるのがおすすめ。
 
最初はお小遣い帳的な簡単なものでもOKですが、簿記3級の本や青色申告用の指南書を参考に複式帳簿が最終目標。
 
事業のお金の流れと家庭のお金の流れが両方つかめるようになるので、遠回りなようでも長い目で見ると役に立ちますよ。
 
 
にほんブログ村 主婦日記ブログ 勉強している主婦へにほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
 


年末の用事。ふたつだけは混雑前にクリアしておきました。

大掃除、正月準備…世間の皆様の大方がやっていらっしゃるであろう年末恒例の家事はとにかく何もやっていないまま29日を迎えてしまったLEEでございます。

例年なら忙しい忙しいと嘆きつつももうちょっと何かしらやっている気がするのですが、数日とはいえ家族の入院があったり、面倒な現場仕事にここ数日かかりっきりなので、もうあきらめモードです。
 
 
それでも唯一やっておいたのが、年賀状の印刷とお年玉用の新券両替とお年賀用手みやげの用意。
 
年末の一週間位は両替機に新券が入れてあると知ってからは混雑が始まる前に入手しちゃいます。
 
いつもぎりぎりになってしまうので、今年はまあまあ早めの25日に。
 
ATMは大変混んでいましたけど両替機は並ばずに使えました。ラッキー!
 
ポチ袋の用意がまだだったので銀行からそのまま大型書店へ向かいます。
 
その帰り道にいつものおせんべ屋さんに寄って米菓詰め合わせを購入。
 
正月明けすぐに両実家へ行くのでこれも年末購入必須なのですが、年末の3日間ほどは大混雑の人気店。
 
お会計や熨斗の名入れに長いこと待たされるのはイヤなので、こちらも早め早めに済ませるようにしています。
 
 
 
とにかくお年玉と手みやげの準備さえクリアすれば私としてはOK。掃除や料理は自分と家族が許せる範囲でヨシとします。
 
 
懸案の現場仕事も今日の午前中でなんとか終えることができたので、安心して夕方からの女子会に参加してきま〜す♪。
 
 
にほんブログ村 主婦日記ブログ 勉強している主婦へにほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
 

どんよりと肌寒い今日の夕飯は?

我家はこの冬初のおでんです♪
 
材料は日曜日に調達済み。
 
朝の片付けをしながら大根むいて保温鍋で下茹で。卵もついでにゆでてありますよ。
 
あとは昼食の用意&片付けをしながら、出汁(紀文のおでんだし)を用意して練り物を入れたらOK。
 
グラグラさせないように沸騰させたら火を消して味を染み込ませるだけ。
 
早めに仕込んでおけばあとは時間がおいしくしてくれます。
 
夕方に手をかける必要がないので、在宅兼業主婦にはホントにありがたいメニューです。
 
 
昨年は野菜の高騰にすっかりやられて鍋料理はすっかり陰をひそめていた我家。
 
大根に手が出なくておでんも1〜2回しか作らなかったの。
 
 
今年はどうかなあ。
 
今のところ『安い』とは言いがたいけれど、大根も白菜もまあまあのお値段のようで昨夜は今シーズン初の水炊きでした。
 
出来合いの鍋つゆ利用ですが、何気なく入れてみたレンコンが意外にもヒット。
 
白菜は1/4で我慢して、財布に優しいしめじやもやしはたっぷりとね(笑)。
 
最近は様々な種類の鍋つゆがあるので、材料が代わり映えしなくても飽きずに食べられてありがたいです。
 
にほんブログ村 主婦日記ブログ 勉強している主婦へにほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
 

 
 

私にとって「ミニマリスト」という発想は異次元のもの

そうそう、こんな本も借りたんだった。
 
話題のミニマリストというものに興味を惹かれて数ヶ月前に予約したもの。やっと順番がまわってきました。


感想をひとことで言うなら『私にはできない。』でした。
 
 
もちろん、モノの少ないスッキリとした生活空間・シンプルな道具を厳選する、というコンセプトは共感できるんです。
 
ただ、あそこまで絞りすぎるとなんだか寂しい..。風景として寂しいというより、モノに対する気持ちとしてああいう生活は私にはあり得ないなあと思ったのでした。

 
たとえ100円のボールペンでも、わくわくっとしたものを手に入れる嬉しさとか、普段は着てみたことのないテイストの洋服にチャレンジしてみるドキドキ感とかね。
 
迂闊に買ってしまったモノを、結局捨てることになる罪悪感はもう味わいたくない!という経験をさんざん繰り返し、ようやくこの歳になって本当に欲しいものが判断できるようになってきたと感じるようになりました。本当に欲しいもの=品質・デザイン含めて納得できるものってお値段が高くてなかなか買えないんですけどね….。
 
無印良品の商品にはシンプルで使い勝手のよさそうなものはたくさんあるんだけど、本当に欲しいものかというと何かが違う。シンプルで無駄はないので生活用品として不満はないものばかりですが『これ買って本当に良かったよね♪』という気持ちで毎日使えるものではないんです。
 

もうひとつ付け足すなら『無駄も大事』かな。
 
何かの役に立つわけでもないのに惹かれるモノってあると思うのですが『こんなもの無駄!』と割り切るじゃあ人生寂しくない?というか…。
 
結局はそんなことを言っているからモノが増えちゃうのよね、ということも感じつつ、アラフィフが向かうべき方向とはちょっと違うよねという一冊でした。