新社会人に勧めたい投資のカタチ。

春から社会人になる上の子が投資を始めてみたいと言い出しました。
 
今の若い子は、将来の年金なんてアテにならないことを耳がタコになるほど聞かされているからね。
 
 
これまでも、社会人になって毎月決まったお給料が入るようになったら少額でもよいので自動引き落としで貯金をするようには言ってきました。
 
それは当然のこととして、今の時代貯金だけでは増えませんから時間を味方にした投資をと考えるのは自然。
 
 
 
 
子供には、とりあえず本やネットでいいので自分なりに調べてみるように言っておきました。
 
ざっくりした仕組みや用語などの知識を仕入れ、自分なりの投資感を持ってから相談にのるからねと。
 
リスクが伴うことですから、親とはいえ他者のいうことを鵜呑みにせず自分で調べ納得してから始めないとね。
 
 
私自身も少額なりにいくつか手を出しており、なんとなく感覚が掴めてきたところなので、その経験をふまえて、どのように勧めようか考えているところ。
 
 
 
基本的には次の5つをアドヴァイスするつもりです。
 
 
1. 銀行で勧められる投資話には<絶対>乗らない。
 
2. ネットの証券会社に口座を開き、投資信託を積立購入。
 
3. NISAまたはidecoで税金の節約。(idecoは入社後会社の制度を知ってから始めること)。
 
4. 投資信託はノーロードで信託報酬が安いものを。
 
5. 日本株・外国株・米国株・債券などできるだけ分散している商品を選ぶ。プラスαで米国株に特化したものも。
 
 
慣れてきたら個別株やFXをやってみるのも良いけど、うちの子の性格では向かないかな。
 
マメに情報をチェックしたり、積極的に経済に関して勉強するようなタイプではないのでね。
 
 
あとは1万円から投資参加できるソーシャルレンディング。今のところデフォルトを出していないクラウドバンクです。
 
新しい投資のカタチ クラウドバンク
 
実は、私の投資活動の中で今のところこれが一番成功しているの。
 
相場に一喜一憂せず、税引後でも年利6%程度の利回りが確保できています。
 
もちろん選んだファンドがデフォルトになる可能性もあるリスク商品ですので、自己責任ですよ。
 
 
 
子供にも、どんな投資商品も世の中の動き次第では全て失う可能性があるリスクを覚悟しておくことだけは強く言っておくつもり。
 
そのときに生活が成り立たなくなるような金額はつぎ込まないようにね。
 
 
 
世の中のこと、特に経済のことなんて全く興味がなさそうだった上の子。
 
春から自分のお給料だけで生活することが決まり、将来のことも含めてお金のことを真剣に考えるようになってきたんだなあと、ちょっと頼もしく感じています。
 
 
 
 
 
 
 
↓ ポチッとしていただけると更新の励みになります。
 
にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
 
 

 

どうする?自営業者の家計管理

我家の家計管理はかなりのどんぶり勘定。
 
 
個人事業主の場合、家計と事業用のお金を切り分けにくいというのもあるし入るお金も出るお金も毎月一定ではないからです。
 
 
オットが若い頃のアルバイトから徐々に大きくしてきた商売なので、暮らしと仕事のお金は一緒くた。
 
私が会社勤めを辞めたあとはオットから引き継いだままに帳簿らしきものをつけてきましたが、その後税務署から派遣された税理士さんのアドバイスで青色申告に変更し複式帳簿をつけるようになりました。
 
 
 
 
それから10年以上が経過。
 
事業上の出費(経費)と私的な出費(事業主貸)がきちんと区別できるので、お財布がひとつでも家計にどの位お金が流れているのかよくわかるようにはなりました。
 
それでも相変わらず銀行口座やクレジットカードは事業用って分けていないし、光熱費のように帳簿上は按分していても口座からまとめて引き落とされるような費用があるので、きっちりと分けられないのも変わりません。
 
 
 
 
そういうわけで『うちの年収っていくら?家計は月々いくらで納まればよいの?』がピンとこない生活はそのまんま。
 
 
 
こんなやり方でも景気よく事業が廻っていればとりたてて問題はないのですが、ここ数年売上が減っている上に子供の学資など大きなお金がかかるようになってくると、さすがの私も家計のことを細かく考えねば!と思うようになってきたのです。
 
 
 
これまでも、食費・通信費・車関係・保険・税金…など、一応ざっくりとは把握していたのですが、一念発起して家計簿をつけてみることに。
 
もちろん商売の帳簿をみれば、『事業主貸』の合計金額で年間の私的な出費はわかるので、いいっちゃあいいんですけど内訳がまったく不明。
 
雑誌の節約記事やTVの家計診断などで『家族4人で月々の食費が◯◯円』とか『固定費を見直して年間◯◯円の節約』などという言葉を聞くたびに、我家って実際どうなのよ?って思っていたの。
 
 
で、7月頃から家計に使ったお金をスマホの家計簿アプリに記録開始。
 
登録なしで使える家計簿アプリ『おカネレコ』
 
 
飽きっぽい私でも長続きするように費目の分け方はかなりざっくりですが、5ヶ月ほどつけただけで意外なことがいろいろと見えてきました。
 
 
長くなるので、続きはまた改めて。
 
 
 
 
 
↓ ポチッとしていただけると更新の励みになります。
 
にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
 
 

 

NHK受信料、払う?払わない?。

台風15号での被害、本当に酷かった。
 
 
停電はやっと解消したようですが、自宅の損傷が酷く避難所生活を続けている方もいらっしゃる。
 
例のゴルフ練習場の柱が倒れてきたお宅は、撤去も目処がつかず保障問題の解決にはまだまだ時間がかかりそうです。
 
 
 
そんな状況で思うことはNHKをぶっ壊すな
 
 
 
先の選挙で『NHKをぶっ壊せ』が国民の指示をずいぶんと集めたようですが、非常事態での報道姿勢が民放とは格段に違うと感じます。
 
民放のニュースやワイドショーでは、被災地に乗り込んで『いかに酷いことが起きているか』を叫ぶばかり。
 
被災者にとって必要な詳細情報がいち早く出てきたのはNHKだけでした。
 
 
生活関連情報、避難所・給水所・充電できる場所・無料電話開放などの情報が、刻々と最新情報に更新されながら画面の左側と上部に表示され続けていました。
 
台風通過から1週間以上が経ち、民放ではほとんど話題にされなくなってもです。
 
その他にもあさイチをはじめとする情報番組の中では、熱中症対策、断水時トイレ、保冷剤がなくても出来る工夫など、番組を横断して様々な情報を流していたのがとても印象的。
 
 
日本全国に放送局を持ち、優秀な人材を投入しているNHK。
 
そのおかげで災害時の機動力も高いですし、NHKスペシャルや教育番組の質も高い。
 
放送技術に関する研究開発も潤沢な予算があるからこそできること。
 
イギリスBBCに比べると日本のNHKがかなりお粗末という話を茂木健一郎さんがブログの中でしてはいましたが、それでも日本国内の民放と比較したら雲泥の差ですよ。
 
それを考えると月々1,260円はちっとも高くないと私は思っているの。
 
しかもその受信料を使って、無料で誰でも聴けるラジオ番組も作っているわけよね。
 
NHKを一切見るつもりも聴くつもりもない人のためにスクランブル化するというのは確かに理解できるけれど、そこまで頑なに『見ない』選択するのがよくわからないな。
 
むしろ自分が買う商品の価格に、くっだらない番組へのスポンサー費用がのっかっていることの方が私はイヤ。
 
 
NHK受信料を税金として考えたら、その費用対効果は消費税なんかよりずっと高いと思うんだけどなあ。
 
 
 
 
↓ ポチッとしていただけると更新の励みになります。
 
にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
 
 

投資初心者。現時点では「待つだけ資産運用」が最も優秀。

『下手の考え休むに似たり』…って言葉がありますが、今の私の投資結果がそんな感じ。
 
 
 
2017年末に始めた投資信託は、その直後からの世界的な株価下落でマイナス続き。
 
こちらはプロの目利きに任せて長期で利益が出ることを期待するしかないんだよね。
 
 
 
 
そして先日始めたばかりのFX。
 
自分なりに予想を立てて少しづつ動かしているのですが、どうも裏目裏目に動いてしまっているのよ。
 
今のところはコツコツプラスを重ねる一方でドーンと含み損発生の繰り返しでトータルではマイナス(泣)。
 
もう少し慣れが必要なのかも。しばらくは授業料だと思って頑張ってみるつもり。
 
 
 
 
そんなこんなで、何もしないのに予定通り配当金が入って着実に利益を上げているのがソーシャルレンディングです。
 
 
預けたら運用期間が終わるのを待つだけ。
 
為替や株価に一喜一憂することなくほったらかしでもちゃんと結果が出ているという素晴らしさ!
 
 
私が利用しているのはCrowd Bank

 
最近はTVCMもやっているそうなので皆さんご存知かも。
 
ここを選んだ理由のひとつは金融商品取引法に基づいた証券会社が運営しているということ。
 
もうひとつは、これまで元本毀損がおきてないということ。
 
他にもソーシャルレンディングを運営している事業者はたくさんあるので、使いやすさとか過去の実績とか比べればキリがないのだけれど、私にはその2点が魅力的だったので決めました。
 
 
始めてから間もなく1年がたちますが償還の遅れもなく、予定利回りをきちんと達成してくれています。
 
なんて優秀!!
 
はじめは恐る恐るの少額運用で様子見でしたが、先日投資額を少し増やしました。
 
もちろんリスクはあるのでそれなりの覚悟もしながらです。
 
リスク分散と言う意味では、案件だけでなく事業者も複数に分けた方が良いと思いますが、私はそんなに大金を運用する訳ではないので今のところはクラウドバンク一択。
 
 
融資先の事業内容や運用期間など、ファンドの内容が社会情勢の変化に合わせて移り変わるのも興味深い。
 
 
自分のお金の行方を左右するかと思うと国際情勢や経済の動向にも敏感になるし、いろいろと勉強しようかという気も沸くので頭の老化防止にも一役買っているかな?。
 
ズボラで優柔不断な私には、これが一番合う運用スタイルかなあと思っているところです。
 
 
 
資産運用に興味はあっても株や為替はちょっとね…という方は多いと思うので、webサイトへのバナーを張っておきます。
 
蛇足とは思いますが、リスクのある運用ですから安易にお金を預けずよく考えてから投資の判断して下さいね。
 



 
 
 
↓ ポチッとしていただけると更新の励みになります。
 
にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ

早くも「初心者あるある」の失敗をやらかした【FX】

はじめて10日ほど経過したFX取引。
 
『熱くならなきゃ大丈夫』
 
なんてえらそうなこと先日書きましたが、そこのコントロールが難しいのだよ、実は。
 
 
 
早速やっちまいましたよ。初心者にありがちな大失敗。
 
 
 
昨日の午前中は円安が進むのにのっかってドルを売り、多少の利益が出ていました。
 
上がり出したユーロを買いOCOという方法で売注文を出しておいたらこちらもほんの少しプラス。
 
どちらの通貨もあと半日ガマンすればドカンと上がっていたのでちょっと悔しいけど、とりあえずプラスということで初心者にしては上出来。
 
 
 
問題はそのあと。
 
『南アランドって安いんだなあ。NZドルの10分の1ならちょっと買ってみようかな。』と思ったのが失敗のもと。
 
他の通貨と同じ取引単位だと思ってポチッと5単位。
 
5,000通貨注文したつもりが、損益の動きが自分の予想よりはるかに大きい!。
 
あわてて調べてみても、そういう時に限ってなかなか分からないのね。
 
やっと『通貨単位について』という説明をみたら、なんとこちらは1単位が10,000通貨。
 
通貨によって最低取引単位が違うって、最初の頃に読んだ記憶があったよ。
 
そのときは、まさか南アランドに手を出すなんて考えていなかったからスルーしていたんだわ。
 
 
 
さらに不運とは重なるもので、注文を出した時には少しずつ上昇していたはずがじわじわ下がりだしてしまいました。
 
損切りできず様子を見ていたのだけれど、『もういいや』とそのまま寝てしまったら夜中にストーーーーンと見事に下落。
 
 
朝起きてチェックしたら、ぐずぐずと持っていたNZドルも含め一気に含み損。
 
昨夜は全通貨同じ傾向で、久々に円高に大きく動いたタイミングだったようです。
 
株も下がったし、またしてもトランプさんのツイッター発言のせいだよ。
 
 
 
NZドルもランドもギャンブル性の強い通貨だということは重々承知しているのに….。
 
そして『ランドがちょっと上がれば、NZドルの含み損なんてすぐにチャラにできるよね』というスケベ心があったんだよね。
 
ちょうど『これからあがりそう♪』な形のチャートを見て慌てて注文してしまったのも、きっとギャンブルモードに入って熱くなっていたんだわ。
 
しかも下落が始まっても様子見して損を膨らませてしまうという…。
 
どれもこれも『初心者にありがちな失敗』そのままじゃん。
 
 
ミニ取引でよかったわ。大失敗といっても千円単位で済んでいるからね。
 
それもこれもまずは勉強だと思ってもうしばらく続けてみるよ。
 
 

 
 

 
 
↓ ポチッとしていただけると更新の励みになります。
 
にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ