NHK受信料、払う?払わない?。

台風15号での被害、本当に酷かった。
 
 
停電はやっと解消したようですが、自宅の損傷が酷く避難所生活を続けている方もいらっしゃる。
 
例のゴルフ練習場の柱が倒れてきたお宅は、撤去も目処がつかず保障問題の解決にはまだまだ時間がかかりそうです。
 
 
 
そんな状況で思うことはNHKをぶっ壊すな
 
 
 
先の選挙で『NHKをぶっ壊せ』が国民の指示をずいぶんと集めたようですが、非常事態での報道姿勢が民放とは格段に違うと感じます。
 
民放のニュースやワイドショーでは、被災地に乗り込んで『いかに酷いことが起きているか』を叫ぶばかり。
 
被災者にとって必要な詳細情報がいち早く出てきたのはNHKだけでした。
 
 
生活関連情報、避難所・給水所・充電できる場所・無料電話開放などの情報が、刻々と最新情報に更新されながら画面の左側と上部に表示され続けていました。
 
台風通過から1週間以上が経ち、民放ではほとんど話題にされなくなってもです。
 
その他にもあさイチをはじめとする情報番組の中では、熱中症対策、断水時トイレ、保冷剤がなくても出来る工夫など、番組を横断して様々な情報を流していたのがとても印象的。
 
 
日本全国に放送局を持ち、優秀な人材を投入しているNHK。
 
そのおかげで災害時の機動力も高いですし、NHKスペシャルや教育番組の質も高い。
 
放送技術に関する研究開発も潤沢な予算があるからこそできること。
 
イギリスBBCに比べると日本のNHKがかなりお粗末という話を茂木健一郎さんがブログの中でしてはいましたが、それでも日本国内の民放と比較したら雲泥の差ですよ。
 
それを考えると月々1,260円はちっとも高くないと私は思っているの。
 
しかもその受信料を使って、無料で誰でも聴けるラジオ番組も作っているわけよね。
 
NHKを一切見るつもりも聴くつもりもない人のためにスクランブル化するというのは確かに理解できるけれど、そこまで頑なに『見ない』選択するのがよくわからないな。
 
むしろ自分が買う商品の価格に、くっだらない番組へのスポンサー費用がのっかっていることの方が私はイヤ。
 
 
NHK受信料を税金として考えたら、その費用対効果は消費税なんかよりずっと高いと思うんだけどなあ。
 
 
 
 
↓ ポチッとしていただけると更新の励みになります。
 
にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
 
 

投資初心者。現時点では「待つだけ資産運用」が最も優秀。

『下手の考え休むに似たり』…って言葉がありますが、今の私の投資結果がそんな感じ。
 
 
 
2017年末に始めた投資信託は、その直後からの世界的な株価下落でマイナス続き。
 
こちらはプロの目利きに任せて長期で利益が出ることを期待するしかないんだよね。
 
 
 
 
そして先日始めたばかりのFX。
 
自分なりに予想を立てて少しづつ動かしているのですが、どうも裏目裏目に動いてしまっているのよ。
 
今のところはコツコツプラスを重ねる一方でドーンと含み損発生の繰り返しでトータルではマイナス(泣)。
 
もう少し慣れが必要なのかも。しばらくは授業料だと思って頑張ってみるつもり。
 
 
 
 
そんなこんなで、何もしないのに予定通り配当金が入って着実に利益を上げているのがソーシャルレンディングです。
 
 
預けたら運用期間が終わるのを待つだけ。
 
為替や株価に一喜一憂することなくほったらかしでもちゃんと結果が出ているという素晴らしさ!
 
 
私が利用しているのはCrowd Bank

 
最近はTVCMもやっているそうなので皆さんご存知かも。
 
ここを選んだ理由のひとつは金融商品取引法に基づいた証券会社が運営しているということ。
 
もうひとつは、これまで元本毀損がおきてないということ。
 
他にもソーシャルレンディングを運営している事業者はたくさんあるので、使いやすさとか過去の実績とか比べればキリがないのだけれど、私にはその2点が魅力的だったので決めました。
 
 
始めてから間もなく1年がたちますが償還の遅れもなく、予定利回りをきちんと達成してくれています。
 
なんて優秀!!
 
はじめは恐る恐るの少額運用で様子見でしたが、先日投資額を少し増やしました。
 
もちろんリスクはあるのでそれなりの覚悟もしながらです。
 
リスク分散と言う意味では、案件だけでなく事業者も複数に分けた方が良いと思いますが、私はそんなに大金を運用する訳ではないので今のところはクラウドバンク一択。
 
 
融資先の事業内容や運用期間など、ファンドの内容が社会情勢の変化に合わせて移り変わるのも興味深い。
 
 
自分のお金の行方を左右するかと思うと国際情勢や経済の動向にも敏感になるし、いろいろと勉強しようかという気も沸くので頭の老化防止にも一役買っているかな?。
 
ズボラで優柔不断な私には、これが一番合う運用スタイルかなあと思っているところです。
 
 
 
資産運用に興味はあっても株や為替はちょっとね…という方は多いと思うので、webサイトへのバナーを張っておきます。
 
蛇足とは思いますが、リスクのある運用ですから安易にお金を預けずよく考えてから投資の判断して下さいね。
 



 
 
 
↓ ポチッとしていただけると更新の励みになります。
 
にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ

早くも「初心者あるある」の失敗をやらかした【FX】

はじめて10日ほど経過したFX取引。
 
『熱くならなきゃ大丈夫』
 
なんてえらそうなこと先日書きましたが、そこのコントロールが難しいのだよ、実は。
 
 
 
早速やっちまいましたよ。初心者にありがちな大失敗。
 
 
 
昨日の午前中は円安が進むのにのっかってドルを売り、多少の利益が出ていました。
 
上がり出したユーロを買いOCOという方法で売注文を出しておいたらこちらもほんの少しプラス。
 
どちらの通貨もあと半日ガマンすればドカンと上がっていたのでちょっと悔しいけど、とりあえずプラスということで初心者にしては上出来。
 
 
 
問題はそのあと。
 
『南アランドって安いんだなあ。NZドルの10分の1ならちょっと買ってみようかな。』と思ったのが失敗のもと。
 
他の通貨と同じ取引単位だと思ってポチッと5単位。
 
5,000通貨注文したつもりが、損益の動きが自分の予想よりはるかに大きい!。
 
あわてて調べてみても、そういう時に限ってなかなか分からないのね。
 
やっと『通貨単位について』という説明をみたら、なんとこちらは1単位が10,000通貨。
 
通貨によって最低取引単位が違うって、最初の頃に読んだ記憶があったよ。
 
そのときは、まさか南アランドに手を出すなんて考えていなかったからスルーしていたんだわ。
 
 
 
さらに不運とは重なるもので、注文を出した時には少しずつ上昇していたはずがじわじわ下がりだしてしまいました。
 
損切りできず様子を見ていたのだけれど、『もういいや』とそのまま寝てしまったら夜中にストーーーーンと見事に下落。
 
 
朝起きてチェックしたら、ぐずぐずと持っていたNZドルも含め一気に含み損。
 
昨夜は全通貨同じ傾向で、久々に円高に大きく動いたタイミングだったようです。
 
株も下がったし、またしてもトランプさんのツイッター発言のせいだよ。
 
 
 
NZドルもランドもギャンブル性の強い通貨だということは重々承知しているのに….。
 
そして『ランドがちょっと上がれば、NZドルの含み損なんてすぐにチャラにできるよね』というスケベ心があったんだよね。
 
ちょうど『これからあがりそう♪』な形のチャートを見て慌てて注文してしまったのも、きっとギャンブルモードに入って熱くなっていたんだわ。
 
しかも下落が始まっても様子見して損を膨らませてしまうという…。
 
どれもこれも『初心者にありがちな失敗』そのままじゃん。
 
 
ミニ取引でよかったわ。大失敗といっても千円単位で済んでいるからね。
 
それもこれもまずは勉強だと思ってもうしばらく続けてみるよ。
 
 

 
 

 
 
↓ ポチッとしていただけると更新の励みになります。
 
にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
 
 

FXは何がキケンか考えてみた【投資】

『老後資金2,000万円問題』。
 
参院選が終わったせいなのか吉本騒動勃発のせいなのか、すっかり陰を潜めてしまいましたね。
 
 
老後にいくら必要かは別として、銀行に預けても金利がつかない今の時代ですから物価が上がれば預金は実質目減り。
 
秋の消費税増税で出るお金は2%一気に増える。
 
こりゃあ、だまって銀行に預けているわけにはいかんわな。
 
だからこそ金融庁も『自分達でもなんとかしてよ〜』と言っているわけで…。
 
ホーム > 金融庁の政策 > NISA特設ウェブサイト > 投資の基礎知識
 
日本ではお金の教育ってされないからね。
 
私が親からお金のことで言われたのは『ギャンブルは絶対にやるな』『お年玉は郵便局へ貯金しとけ』くらい。
 
私が子どもの頃は金利が高くて、郵便局の定期預金に10年預けると2倍になった時代ですからね。
 
 
とりあえず貯金…の時代はもうとっくに終わっていることに本気で気づいたのはここ数年のこと。
 
これまでは株やFXなんてギャンブルと同じだと思っていましたからね。
 
投資信託が何なのかも全然知りませんでした。
 
 
 
そんな私なのに、なぜか外貨取引は20年くらい前からやっているのね。
 
米ドルの手数料が1ドルあたり1円とかしていた頃の話。
 
当時外国に住んでみたり海外旅行に行ったりしていたのもあって、ドル口座を持っていると便利かも…くらいの気持ちでcitibankに口座作ったんだった。
 
 
その後急激な円高の時代にはいってしまったので、大幅な含み損を抱えたままじーっと塩漬け。
 
 
当時『投資』と考えていなかったので大して憂えることもなく放っておいたけど、外貨はキケンといわれる所以ですね。
 
 
その後手数料の安いSONYBANKに鞍替えして真面目に取引を始めたら、数年で含み損を取り戻し銀行の定期預金を超える差益を出すことができました。
 
手数料が昔よりかなり安くなっていたので、多分そのおかげだね。
 
 
 
そしてとうとうFXを始めてみることにしました。
 
お恥ずかしながら、FXってギャンブル要素の強い金融商品とばかり思っていて中身がどういうものかちっとも知りませんでした。
 
友だちに『外貨やってるんなら同じだよ、手数料がはるかに安いんだから絶対やった方がいいって〜!』って強く勧められたのでちょっと勉強してみようかと。
 
調べてみたら、確かに長年馴染んだ外貨取引と同じ。
 
大きく違うのは、注文時に必ずレバレッジ・強制ロスカット率を設定すること。
 
怖い怖いと思っていたのは、大きなレバレッジを効かせて少ない元手で勝負に出た人が大金を失うケースが相次いだ時期があったからなのね。
 
今はレバレッジは25倍までしか設定できませんし(それだって初心者にはちょっと怖いね)、10,000通貨単位が基本だった取引も1,000から出来るようになっていたりと、安全に取引できるような仕組みが整えられています。
 
確かにレバレッジ&保証金額の関係や強制ロスカット率&失う金額の関係がちょっと複雑で、このあたりが初心者のハードルをあげている部分かしらね。
 
きちんと理解するのはなかなか大変ですがまずは本やネットで勉強してみて、分かったつもりになったところで実践へ。
 
 
とりあえずはSBI証券で1,000通貨単位のミニ取引、レバレッジは3倍というかわいらしいデビュー。
 
 
小さな通貨単位でやっているうちなら失敗しても大した金額にはならないので、とにかく今は実際の取引をしながら勉強中。
 
米ドルとNZドルと1,000通貨づつ10日程やってみて、今朝の時点で米ドルが+1,500円、NZドルが-600円。
 
これが10,000通貨単位でやっていたら損も益も10倍。
 
レバレッジとロスカット率の設定次第では既に数千円の現金を失っているということ。
 
 

 
 
数日の自分を振り返ると、結局のところ一番怖いのは取引に熱くなってしまうことなのでは?と思いました。
 
 
自分がこれまで見慣れていた外貨取引用のチャートとは異なり、リアルタイムでしかも0.1銭の単位でレートがチャカチャカ動くので、数銭の動きでも動揺しちゃう。
 
 
損切りも利確も大きく動いた時だけ自動で処理決済するように設定してあるからしょっちゅうレートを気にする必要は全くないのですが、始めたばかりというのもあり値動きがすごく気になるんです。
 
一日中家にいる生活をしていたらパソコンから一日中目が離せなくなって取引にも熱くなるのがよくわかります。
 
 
FXはキケンというイメージがつきまといますが、大切な資金を以下に減らさず少しでも増やす(相場の世界ではこれを【損小利大】というそうです)、そのためは何がどう危険なのか勉強をした上で自分のスタイルを決めれば、むやみに不安がるほどキケンではないのかもしれません。
 
『勝つ』『負ける』という考えで熱く取り組んでしまったらギャンブルと同じよね。
 
FXは自分のお金への向き合い方がとても強く表れる投資活動なのかもね、と感じているところです。
 
↓ コチラの本がすごく参考になっています。
 
 

一番売れてる月刊マネー誌ザイが作った「FX」入門 改訂版
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 571

 
 
 

 
 
↓ ポチッとしていただけると更新の励みになります。
 
 
にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
 

暑すぎてエアコンの効いた部屋から出られない!【読書メモ】

あまりの暑さに耐えかね、週末はエアコンの効いた室内に引きこもり。
 
 
 
久しぶりに読んだ本の記録。
 
最近、読書と呼べるほど本を読んでいないのよ。
 
でもどこかにメモしておかないと、いずれ読み返そうにも思い出せなくなっちゃうのでちょこっと記録。
 
 

橋本治と内田樹
橋本治と内田樹

posted with amazlet at 19.07.28
橋本 治 内田 樹
筑摩書房
売り上げランキング: 648,176

 
あの橋本治さんと内田センセイの対談ということで、さぞかし面白いだろうと思って読み始めたのですが、なんかイマイチ。
 
2人の話がかみ合ってない感じとでもいうのかな、特に前半。
 
後半になると多少改善されるのだけど、お二方の著作を別々に読む方がはるかに面白いわ。
 
 
 

奇跡の生還へ導く人―極限状況の「サードマン現象」
ジョン ガイガー
新潮社
売り上げランキング: 456,208

 
『サードマン現象』って何?と思って図書館で探して見つかった唯一の本がこれでした。
 
人は極限状態に置かれるとこういう体験をするのだね。
 
科学的に検証を試みたことについても書かれていますが、大部分は多くの冒険家や登山家が経験した強烈な生還劇とそこで出会う謎の存在について。
 
うーん。なんとも表現のしようがない読後感です。
 
 
 

改訂版 生まれてはじめての「ニコニコ」外貨投資<FX>
山根 亜希子
明日香出版社
売り上げランキング: 1,021,633

 
友人がしきりにFXを勧めるのでちょっと勉強。
 
なるほど、長年慣れ親しんだ外国為替に毛が生えたようなものかな。
 
SBI証券では少額から始められるので小さなレバレッジでちょっと体験してみています。
 
熱くならずにこれまでの外貨売買と同じ感覚でやっていけばいいんだね。
 

 
 
 
↓ ポチッとしていただけると更新の励みになります。
 
にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ