彼らの死刑執行に思うこと。【読書メモ】


7月初旬オウム真理教関連の死刑が執行された時に興味を持って読み始めたのだけど、読み終わらないうちに他の死刑囚も執行されたというニュースが入ってきました。
 
 
  
コレ読んでいたら、麻原彰晃にも家族があって、その子どもたちから見たら『お父さん』だったんだよなあってとても強く思いました。
  
 
 
 
私たちは報道された角度からしか彼らを見ることはできないけれど、その組織の中にいた彼女からは違う見え方があったのは当然ですよね。
  
もちろん、あれだけの事件を起こしたことは決して許されない。
  
一方でなぜそのようなことになってしまったのかだけは、あらゆる角度から検証して欲しいと思うのです。
  
  
事件の中心にいた13人ものメンバーが死んでしまった以上さらなる真相究明は難しいでしょうから、その点だけは残念。
  
  
  
それにしても、当時10歳かそこらの子どもだったのに麻原彰晃の継承者のように扱われ学校に行くことさえままならなかったというのは考えさせられます。
  
自分の育ってきた環境や周囲の人間の過ちについて考えるためにその環境から抜け出して学びたいと思っても、その出自がバレると入学お断りとはね。
  
これって教育を受ける権利という点で憲法違反ではないの?
  
学校が騒ぎに巻込まれ、他の生徒の安全が脅かされることを恐れたのかもしれませんが、このようなケースでは国や自治体は何も助けてくれないのでしょうかね。
  
親身になって彼女達を支援してくれた元信者や弁護士の方もいたということで、最終的には大学を卒業することができたようですが相当の苦労があったことでしょう。
  
刑事事件としての検証だけではなく、彼らがなぜカルト団体になってしまったのかを究明したり、残された子ども達や脱退して新たに生き直そうとしている元信者のサポートなど、社会的な問題として感心を持ち続けるべきだなあと感じました。
  
  
  
話は若干変わりますが、オウム真理教関連の報道や新興宗教の強引な勧誘など、宗教団体のイヤな面ばかりがクローズアップされているせいで、我家の子どもにとって『宗教=胡散臭いもの』というイメージが定着しているの。それはそれでどうなのよ?
  
本来は私たちの心の平穏の為に生まれたはずだし、そんなに大袈裟でなくとも何かしらのポリシーや信念など誰もが心の中でよりどころにしているものってあると思うんです。
  
私はそれこそが『宗教』だと思っているんですよね。
 
多くの人に広めたいとか仲間を募ろうとすると、組織になり関わる人が増える。
 
そしたらその組織を維持するために高額なお布施やら洗脳ともいえる強引な勧誘など本質からどんどん離れ、気が付いたら人を殺すことも正当化されてしまう不思議。
  
  
  
個人個人が心の中でそっと信仰するだけではダメなのでしょうかね。
  
 
 

いつになったら出るのかしらね「ヤル気」って。


架空の人生相談に毒舌愛子節で答えた人生相談。
  
相談内容が架空ということで、答える方もかなり無責任に言い放っている感がありなかなか笑えます。
  
このようにはっきりと言い切ってもらえると、スカッとする読者も多いでしょうね。
  
目からウロコの逆転の発想に『あ〜、そうだよね。なるようにしかならないよね〜』と気持ちが軽くなります。
  
  
今の私に一番ヒットしたのは、『勉強をしない中学生の娘にヤル気を出してほしい』というもの。
  
全く同じことが我家でも起きていて、『なぜこんなにヤル気がないんだろう。今やらなくていつやるの!?』と毎日イライライライラしているところ。
  
愛子センセイの『「ヤル気」というものは、言われて「ハイヨ」と出てくるものではない。自分から「やろう!」と思う時が来ない限り出てこないものだということは言う方も重々わかってるでしょ?』という回答。
  
まったくそのとおりでございます。
  
『こうはしておられぬ!』
  
という環境に置かれなければ廻りがどうじたばたしてもダメ。
  
わかっちゃあいるのだけれど、その『こうはしておられぬ!』と思える環境をなんとかして作ってやらねば…と思ってしまうんだね。
  
我慢くらべだなあ。
  
 
  

【レポート再開】児童サービス論(3)ー司書課程受講物語 (71)ー

1年前に一旦取りかかったものの、なんだかヤル気がとぎれて全く進まずに放置していた『児童サービス論』のレポートを再開。
 
 
私のやり方は、まず教科書を読み、要点をノートに整理します。
 
この作業に時間がかかるので効率が悪いように感じますが、これをやらないと頭の中にその分野のイメージが固まらないのです。
 
ノートに纏めることは全くの無駄と言い切っている方もいるように、限られた時間の中で資格を取ろうという社会人学生にとっては、レポートの設題に合致する部分だけを拾い読みしてガーッと書いちゃう方が早いのは事実。
 
でも私の場合、コレやっちゃうと今度は試験の時にまたイチから勉強し直しになっちゃうんだわ。
 
そして資格をとって終わりではなく、図書館員として働く時のために本質的なことをきちんと自分の中に叩き込んでおきたいという気持ちもあるのです。
 
指定の参考図書はもちろん関連のありそうな本も出来るだけたくさん読み、そのジャンルのエッセンスを抽出しながらやっています。
 
ドンクサイようですが、残りの3科目この方法でやり通すつもり。
 
 
教科書を読みながらのノート纏めがひと通り終わったところで、関連図書を読むのと平行しながらレポートを書き進めました。
 
書いては消し、消しては書いての繰り返しなので、たった1600字のレポートに何日もかかってしまっています。
 
そして関連図書が面白くてそちらをついつい読みふけってしまったり、その本にどっぷり浸った読書感想文的な文章になってしまい、テーマからズレていることに途中で気づき慌てて大幅修正したり…。
 
 
そんなこんなで、2つの設題のうちひとつがやっと完成。
 
あとひとつ!頑張れ自分!
 
 
 

教科書も含め関連図書を纏めて記録しておきます。
 









 
イギリスに於ける児童図書館員の先駆者コルウェルさん、同様に日本の児童図書館員の先駆者松岡享子さんの著作は本当に勉強になります。
 
子どもにとってなぜ本が大切なのかを語る部分には全く迷いがなく、それでいて押し付けがましいところも無いのです。
 
難しい言葉を使うことなく、本質的なことをサラッと言ってのけていることが驚異的かつ感動的ですらあります。
 
図書館で働くとか司書資格とかを抜きに、親御さんや学校の先生など子どもに関わる全ての大人に読んで欲しいくらい。
 
図書館行政に冷たい自治体の議員さんにも強制的に読ませたいわ!
 
 

正義と優しさ

先日、『#choosekind』というタイトルの記事を書きました。
 
映画の話題にこれってなんだか意味不明??と思った方もいらしたかも….。
 

このハッシュタグ、映画のエンドロールの最後の最後に小さく小さく出てきたもの。
 
主人公オーギーの担任ブラウン先生が、新学期の初日に黒板に書いた格言
 
“When given the choice between being right or being kind, choose kind.-Dr. Wayne W. Dyer”
 
の中のchoosekindですね。
 
正義か優しさ選ばねばならない時、優しさを選べ…とでもいう意味でしょうか。
 
 
『優しさ』は『親切』を当てるのかもしれませんが、『親切』というと何か目に見える行動に限定されるような気がするので、私は『優しさ』という言葉を選びたい。
 
この物語の中のシャーロットという女の子のkindがまさにそんな感じです。
 
 
 
大勢の人が小さな『kind』の気持ちを持てば、こんなにギスギスとした社会にはならないのにね…と思う事が本当に多いです。
 
この本が出た後、登場人物のひとりジュリアンに対して『冷静になれ、ジュリアンになるな』というスローガンがネット上に登場したそうです。
 
ジュリアンは仲間を巻込んでオーギーを孤立させるいじめっ子ですから、確かに正義で判断すれば許しがたい存在。
 
でもね、そこで正義を振りかざしてジュリアンを追いつめることは『優しい』ことではないと思うのです。
 
もちろん彼の行動自体は許しがたい事で、物語の中でも校長先生から厳しい罰を与えられます。
 
ただ、ジュリアンをそのような行動に至らせるには何か事情があるはず、という視線を忘れずにいたい。
 
そうでなければ立場が逆転しただけの新しいいじめでしかないもの。
 

作者のパラシオさんもそのことに心を痛め、スピンオフ『もうひとつのワンダー』を書くきっかけになったそうです。


 
 
 
 
#choosekind

いい言葉だなあと思ったので、記事のタイトルにしてみたのでした。

世界一幸せな国デンマークの子育て観【読書メモ】


  
衝撃的なタイトルに興味を引かれて読んでみました。
  
キャッチーなタイトルをつけて売上を稼ごうという出版社の思うツボにうっかりハマってしまったわけですが、内容はタイトルとはかなり違います。
  
  
現代は『The Darnish Way of Parenting』。
  
直訳すれば『デンマーク流子育て法』。
  
文章のどこにも『褒めない』なんて書いてないよ。
  
全体の意図としても『褒めない』どころか、どのように褒めているかが書かれているよ。
  
それどころか、『レッテルを貼ること』やネガティブワードで物事をとらえることを避けるのが大事だという趣旨で書かれているのに、なぜよりよってこんなタイトルにしちゃったのかしら?
  
翻訳した方のセンスなのか、編集者の意向なのか….。

  
  
  
本の内容はとても良いものでした。
  
著者はアメリカ人。視点がアメリカ流子育てとの比較なので、日本人の私にとっては『そんなに驚くことでもないよねえ』と感じる部分は若干あります。

  

幼少期の外遊びや集団遊びの大切さについては日本でもかなり認識はされていますよね。
  
なぜ大切なのか。
 
大人がなるべく手や口を出さないことで、対人関係のスキルや自分で扱えるストレス量を自ら学んでいくから。
  
成長に伴いだんだん大きなストレスにも自分なりの方法で対処出来るようになる、それが『折れない心』なのだということ。
  
  
タイトルにもなっている『褒める』については、生まれ持った能力や賢さを褒めるのではなく『今の状況』を褒めること。
  
小さなことを大袈裟に褒めるのは、子どもが自分自身への評価を誤ってしまい長い目で見た時にマイナスであること。
  
など書かれています。
  
  
  
私が『気をつけなくちゃ!!』と感じたのはレッテルを貼ってしまうことの危険について。
  

『いっつも散らかしっぱなしなんだから!』『よく○○してるけど、それよくないよ』『この子は神経質で…』『落ち着きがないね〜』などなど。
  
日常的にかけられる言葉によって『自分はそういう人間なのだ』と無意識のうちに刷り込まれ、そのような決めつけに辻褄を合わせる行動をとるようになるのだそうです。
  
これって親から子に対してだけでなくとも言ってしまいだと思うのですが、そのとおりだわ!ととても反省しました。

  
  
そのこととも関連しますが、ネガティブな表現をポジティブな言い方に換える『リフレーミング』。
  
デンマークの心理学者の言葉に『言葉はフレーム(額縁)であり、この額縁が物の見方や自己像や世界観を決める』というものがあるそうです。
  
日本でも『言霊』などといって「そんなことばかり言ってると本当にそうなっちゃうよ!」なんて言いますよね。それと同じでしょうかね。
  
最近は、ネガティブワードをポジティブワードに書き換え(レフレーミング)た文脈で会話するよう意識するようになりました。
  
  
  

子育てに関する本を読むとき、ついつい自分に都合の良い説だけを拾ってしまいがち。
  
自分が日頃感じているのと同じ意見が書いてあれば、「正解」のお墨付きをもらえたようで大きく受け止めてしまいます。
  
逆の場合『え〜、だってさ〜』と言い訳ばかりが浮かんでしまい、筆者にネガティブな評価をしてしまうことが多くなります。
  
それでも、その理屈に少しでも頷ける部分があり、今からでも遅くないぞという方法は少し取り入れてみようかとも思うのです。
  

  
著者はデンマーク人の夫を持つアメリカ人と、デンマーク人の心理療法士。2人とも子育てをしているお母さん。
  
母親目線での文章が読みやすく、子育て中のパパママが気軽に読んでみるにはオススメの一冊だと思います。
  
巻末に参考文献も多数掲載。英語の文献とwebサイトばかりですが簡単な日本語の注釈あり。