勉強のおともにプラチナ万年筆の『プレピー』

数百円で買える万年筆を何本か持っています。
 
プラチナ万年筆の『プレピー』
同じくプラチナ万年筆『デスクペン』

パイロットの『カクノ』
同じくパイロットの『ペン習字ペン』

 
それぞれに買った当時の思い出や好きなところがあるのですが、全てを同じような頻度で使うことができません。というか万年筆の特性で仕方ないのですが、しばらく使っていないとインクが出なくなってしまうから…。

 
上記の4本の中でデザインや持ちやすさで一番気に入っているのは『カクノ』。子供用に開発されたということで、親しみの持てるキュートな色と形。太めで六角形のボディは握りやすくて机に置いた時に転がらないのも嬉しい。
 
でもねえ、ちょっと使わないとすぐにペン先が乾いてしまうのが最大のネック。ペン立てに逆さまに立てておくのですが、ふと思い立って使おうとした時に『カスッ』となるストレスでますます使わなくなるという悪循環です。その度に水につけて洗って復活させてあげるのですが、やはり毎日使わないとダメよね。窒息防止の穴がキャップに施してあるという子ども向けの気遣いが仇となっているのかも。

 
 
一方でデザイン的にはイマイチな『プレピー』は半年や1年放っておいても全く問題なし。プラチナ万年筆の『センチュリー』シリーズと『プレピー』『プレジール』のキャップに施されている『スリップシール機構』という仕組みのおかげのようです。
 
透明な『プレピー』のキャップを見ると分かるのですが、キャップの先端にバネの付いた小さな部品が組み込まれていて、これがペン先の乾燥を防いでいるのだそうです。
 
たかだか200円のおもちゃのような筆記具がこれほど快適に使えるなんて、本当に素晴らしい。万年筆はボールペンに比べてサラサラと流れるような書き心地が気持ちよくて、私はお勉強のノートまとめにはこのプレピーを愛用しています(もちろんカクノも使いたいのですけどね….)。
 
 

この『おもちゃっぽい』ところが実は結構気に入っているんです。ボディのカラーも7色あるので、インクの色によって使い分ければ女子中・高生のような色ペン展開もOK。
 
私は、ブルーブラックのボディ+インクと組み合わせの他に、赤いボディに赤インクを入れたのも使っています。赤なんてそう頻繁には使いませんが、使いたい時にきちんとインクが出てきてくれる安心感。あとはデザインがもう少しなんとかなるともっと嬉しいのだけどね。
 
最近リニューアルされてちょっとだけデザインが改良されたものは300円に値上がりしてますね。ラインナップに旧タイプ200円のものもあるけれど、いずれなくなっちゃうのかなあ….。
 
 

愛用の筆記具、思い切ってサヨウナラ!

たいした話ではないのだけど、ここ数ヶ月愛用していたJetstream0.5のペン先がダメになってしまってガッカリ。
 
乱暴に使ったり上向きで書いた覚えはないけれけど、ペン先を痛めてしまったのでしょうね。
 
jetstream0

上のピンクのものが新品、下のブルーのものがダメになってしまったほう。
 
 
jetstream1
 
まったく書けないわけではないけれどかなりストレスが溜まる書き心地。
新しい替芯を入れれば良いのだけど、ご覧の通りインクはまた8割がた残っている、全く書けないわけでもないので芯を捨てるのはなんとも忍びないのよね。

 
とはいっても仕事では感熱紙に書き込むことが多いためゲルインクのサラサより油性のJetstreamは捨てがたい。しかたがないので、まだまだインクの残っている芯はサヨウナラして新しい替芯をいれることにしました。。
 
 
 
もうひとつ使えなくなってガッカリなお気に入り文房具がこちら、北星鉛筆の『おとなの鉛筆』。
 
軸は木製鉛筆と同じで、2mmの芯がシャープペンシルのようにカチカチと繰り出せるというもの。
 
子どもと一緒に勉強している時に、裏紙メモ帳にガガガッとラフに使えるのが気に入って替芯もたっぷり用意してあったのに…。
 

シャーペンのメカニカル部分がささっているだけのシンプルな造り。この先金属の端に細いギザギザがつけてあって木製の筒の内側にはめ込んであるだけなので、使っているうちに木が摩耗したのかな、ヘッドをノックするとメカニカル部分全体がずるっと軸から飛び出してしまうようになってしまいました。
 
kitahosi0

kitahosi1

kitahosi2

鉛筆と同じような体裁のため全体のながさも鉛筆と同じ、というところもちょっと使いにくかったしね。シャープペンシルと違ってノックする時にいちいち持ち替えないと親指が届かないのは微妙にストレスなのでした。
 
寂しいけどこちらも思い切ってサヨウナラ!
 
やはりユニホルダーのような昔からある実用的な芯フォルダーのほうが丈夫で使いやすそう。
 




 
実用一点張りでない素敵なデザインのものもあるんですね。
 
 
 

図書館概論 (3)  ー司書課程受講物語 (13)ー

ひたすら教科書を読んでポイントをノートに書く作業をしています。

 


 
この本については、図書館学に興味を持った時に一度読んだことがあるものです。
その時は『ふ〜ん、そういうものなのね』とさーっと通り過ぎてしまったのですが、今度はこれをもとにレポートを書かくわけだし、レポートが通ったら通ったで次は試験もあるのでしっかりと頭に入れなくてはなりません。
 
それなのに、悲しいかな若い頃とは大違いですね。ただ読んでいるだけでは頭の中を言葉が滑っていってしまい、ちっともしみ込んでいきません。ひとつの章を読み終わっても『あれ?何が書いてあったんだっけ?』と何度も何度も同じ部分を読む始末。

 
そこで、ノートに大事な部分を抜き書しながら読むようにしています。センテンスごと、パラグラフごとに考えながら読むこと、また『書く』作業のために時間はかかりますが、頭の中が整理されたようなすっきりした気持ちで教科書に向かえる気がします。
 

ところで、さらさらと書くには万年筆って本当にぴったりですね。力がはいらずストレスフリーで書けるのがとても気持ち良くて、勉強のモチベーションアップにも一役買ってくれています。

 
200円のPreppyではなくてもう少し良いものを買ってみようかな〜。
とりあえず1,000円のカクノにランクアップしてみようかしら。
 
note

ぺんてる トラディオ・プラマン

宛名書き用にと購入した『ぺんてる トラディオ・プラマン』。
 
筆ペンは苦手だし、でもボールペンやマジックで書くのはなんだかなあ〜という時に重宝しています。くっきりとした黒インクとしゅっと尖ったペン先のおかげか、ヘタクソな私の字でも心なしかきれいに見えるのもありがたい。
 

 
その『トラディオ・プラマン』を最近オットが愛用していることに気がつきました。オットは仕事の打合せメモなどを無造作にキャンパスノートに書き付けているのですが、イラストや大きな字で思いつくままにガシガシ書くタイプ。
 
普段はサラサの0.7をメインに使っているはずなのですが、サインペンやマッキーで書いていることも。はじめは『たまたま手近にあったから使っていたのかな?』と思っていたのですが、何度片付けても頻繁にテーブルの上に出てくるので聞いてみたところ『太字だし、サインペンみたいにカスレてこないからいいんだよね〜』とのこと。ペン先の柔らかさのおかげか、太さに強弱がつくのも書き心地良いのだそう。
 
『コレ使ってると、万年筆も使ってみたくなるな〜』というのを聞き、このペンのコンセプトが知りたくなったので、ぺんてるのwebサイトを見に行ってみました。するとこんなコラムが。
 
なるほど『万年筆の書き味をプラスチックで実現させる』。万年筆って、頻繁に使わないとペン先が乾いて書けなくなるし、無造作に持ち歩くとキャップの中にインクがもれて大変なことになるのでちょっと気を遣いますよね。そのあたりを解消しつつ書き心地の良さを得られるのはありがたいです。

 
替芯がちょっと大げさで値段も高いなあと不満だったのですが、摩耗するペン先ごと交換するとなると仕方がないのですね。
 

替芯買わなくちゃ

バックに常備しているZEBRAの3色ボールペン、SARASA3

 

家では単色でサラサクリップの黒と赤を日常的に使っていますが、外出時には黒・赤・青の多色ペンを愛用。販売時には太さ0.5の芯が入っていますが、最初に入っていた分を使い切ったあとは0.4の替芯に入れ替えて使っています。

サラサクリップの替芯はJF、サラサ3はJKなので、同じ太さ0.4でも2種類用意しておかなくてはなりません。ちなみにオットはサラサクリップ0.7の黒と赤を使用しているので、ズボラな私にとっては替芯の在庫管理がちょっと面倒。
 

というわけでJK0.4の在庫が切れてました。ちなみに子供がサラサ3を使っているのですが、さすがに子供のインクの減り具合までチェックしてませんからね。

先日『インクなくなった〜。丸付けできないよ〜』と言われて私のペンに入っていた赤芯を抜いて渡しました。それとて今にもインクなくなりそうな使い古しなんですが。

 
というわけでここ数日私のサラサ3には黒と青しか入っていません。今日はたまたま地域の会合があり、レジュメにいろいろと書き込む必要があったので大変不便しました…。
 

明日こそ買ってこなくちゃ。