こういう人が早世してしまうのは本当に残念【読書メモ】

モリカケ問題、セクハラ・パワハラ、老後資金報告書などなどなどなどなどなどなどなど。
 
溜息しか出ないような情けないニュースのオンパレード。
 
どれもこれも根源は保身に躍起になっている政治家オジサンたちの思考回路なのよね…と暗澹たる気分の毎日です。
 
 
私みたいなオバサンが田舎の片隅で嘆いていてもしかたないのですけどね。
 
でも自分の生きる社会のことですからね。
 
こどもたちの将来のことももちろん心配。
 
自分の子どもだけが勝ち抜けすればOKというのではなくね、将来の日本が健康的な社会であって欲しいと願うのですよ。
 
 
 
そんな気分にぴったりの本に出会いました。
 
今年1月に亡くなった橋本治さん。
 
私にとっては著作『桃尻娘』やファンキーな自作デザインのセーターを手編みするちょっと変わり者のお兄さんというイメージしかありませんでしたが、このような素晴らしい評論を書かれていたとは…。
 
気がつくのが遅すぎました。
 

 
 
『webちくま』に連載していた『遠い地平、低い視点』というコラムの2018年8月までをまとめたもの。
 
 
今の日本社会を本当に憂いていたのね。
 
正論を吠えるのではなく、ちょっと斜め目線で『僕はこう思うんだけだけどね』というスタンス。
 
それでいて大切なことがほわんと優しく書かれているの。素敵です。
 
賢くて優しい人だったのだな。
 
 
この本は、亡くなってから編まれたものではなく生前に企画されていたものだそう。
 
時系列順ではなくて内容に沿ってまとめてあるので、いろいろな話題があちこちから飛び出してくる感じです。
 
掲載の日付が添えられているので、『そういえば、あの頃こんな事があったよね』と自分の記憶を手繰りながら読みました。
 
たかだか2〜3年前のことなのに、すっかり記憶の彼方へ行ってしまっていることってたくさんありますね。
 
一時はマスコミで大騒ぎしてもすぐにその話題は消えて行ってしまいます。
 
自分の中でうまく消化できずにもやもやと感じていたたくさんのこと。世の中の流れに同意できない微妙な違和感の数々。
 
橋本さんが的確に表現されている言葉に『そうそうこういう事だよ!!!と思わず膝を叩きまくりです。
 
当たり前の市民感覚をもち、かつ上手に表現して伝えられる文筆家がこうも早く世を去ってしまうのは残念でなりません。
 
 
 
本書に掲載されていない最後の4回分(2018年9月【第51回】から2019年1月【第54回】)は『webちくま』で読めますよ。
 
【第51回】と【第52回】では闘病について触れています。
 
あのひょうひょうとした橋本さんが自分自身の病について半分茶化したような筆致で書いているの。
 
その中にどうにもならない悔しさのようなものが滲み出ていて思わず泣きたくなってしまいました。
 
 
 
 
 
にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
 
 

子どもの読書と美智子上皇后【読書メモ】

ひさびさに読書メモ。
(amazonへのリンク作成がうまくいかないので楽天ブックスへの広告リンクを利用しています。)
 
 

橋をかける (文春文庫)

新品価格
¥1,008から
(2019/5/31 14:26時点)


先日上皇后となられた美智子様がIBBY(国際児童図書評議会)の大会述べられたお言葉と、それぞれをうけての島多代さんのことばが収録されています。
 
 
ひとつは1998年のインドニューデリー大会での基調講演でタイトルは『橋をかける —子ども時代の読書の思い出—』。
 
国際情勢の関係でビデオでの参加となり、収録時間の関係でビデオでは削られた部分があったのを初稿に戻し注釈などを加え書籍化されたものだそうです。
 
 
 
もうひとつはと2002年のスイスバーゼルでのIBBY50周年記念大会でのご挨拶。
『バーゼルより —子どもと本を結ぶ人たちへ—』
 
 
 
↓ 『バーゼルより —子どもと本を結ぶ人たちへ—』はすえもりブックスから単行本でも出版されています。
(現在中古でしか手に入らないみたい)
 

【中古】 バーゼルより 子どもと本を結ぶ人たちへ /美智子(著者) 【中古】afb

価格:108円
(2019/5/30 10:54時点)
感想(0件)


 
単行本では英語の原文も掲載されているのに対し、今回の文庫版では日本語訳のみ掲載というのが唯一残念なところ。
 
とはいえ、バーゼルへ随行された侍従の方の文章があったり、『文庫版によせて』の中では書籍化にあたっての裏話なども掲載されているのでありがたい。
 
 
ひとつめの『橋をかける』では、美智子様ご自身の子ども時代の読書について語る中で、読書についての本質を深く語られています。
 
『論』を述べたりするわけでは全くないの。ただただお小さい頃の思い出を語っているだけ。
 
それでいて子どもへのあたたかな眼差や平和への強い希望、人が本から得るものについてなど、一言一句が読む者の胸に力強く響いてきます。
 
 
特に心に強く残るのが、メッセージ最後のこちらの部分

子供達が,自分の中に,しっかりとした根を持つために
子供達が,喜びと想像の強い翼を持つために
子供達が,痛みを伴う愛を知るために
そして,子供達が人生の複雑さに耐え,それぞれに与えられた人生を受け入れて生き, やがて一人一人,私共全てのふるさとであるこの地球で,平和の道具となっていくために。

 
 
 
『バーゼルより』では子どもと本をつなぐために地味な活動を続けている人達への感謝と励ましのことば。
 
こちらは英語原文も読んでみましたが、シンプルでとても読みやすく一読の価値があると思いました。
 
 
子どもと読書のことを考える大人には必読の書だと感じます。
 
余談ですが、文庫といってもサイズが文庫本なだけで本の作りとしてはハードカバー。
 
安野光雅さんによる画や手にしっくりくる大きさなど装丁のよさもあり、手元に置いて折りに触れて読み返したい一冊となりました。
 
 
さらに余談ですが、このふたつのお言葉は宮内庁のWEBサイトに掲載されています。
 
【皇后陛下のIBBYにおけるおことばなど】
 ・ 第26回IBBYニューデリー大会基調講演
 ・ 国際児童図書評議会(IBBY)創立50周年記念大会おことば
 ・ 国際児童図書評議会(IBBY)創立50周年記念大会おことば(英文)
 
 
にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
 
 

社会は変えられる【読書メモ】

政治家への忖度問題が話題になるようになってからというもの『官僚』に良いイメージはありません。
 
ものすごく優秀な人達なのに、一部の人の行動がこんなにも全体のイメージダウンを誘ってしまう良い例だわね。
 
一方、先日も記事に書いた村木厚子さんやこの本の著者のような方もいるわけで…。
 
 
経済産業省の現役の官僚が書いた、これからの日本のあり方に対する提言。
 
しかも単なる机上論や絵に描いた餅ではないの。
 
数々の自分の経験から、やろうとさえすれば実現できるのだという希望をもたせてくれるのです。
 
強烈な縦割り構造の中で、大蔵省をはじめとする他省庁管轄の法律まで替えさせてしまうような仕事ぶりはスゴイとしか言いようがありません。
 
こんなに赤裸々に国家行政の裏幕をオープンにしてしまって大丈夫なの?と心配になるほど。
 


 
国全体を俯瞰して問題点をあぶり出し明確なビジョンを示す。
 
その遂行のために省庁の垣根を超えて人を動かし新しい仕組みを作る。
 
しかもこの方入省して数年後から既にこのような仕事をいくつもしているのです。
 
解決すべき政策課題はどこにでも転がっていてそれを解決する鍵も現場にあると。
 
知識や常識にとらわれて『仕方ない』と諦めてしまうか、おかしいものはおかしい、と行動するかの違いだと言います。
 
 
大学を卒業し当時の通産省に入省したたのが私と同じ1989年ですから、年齢的にもまだ50代前半。
 
この本に書かれているのは、ご自分の過去の実績とこれからの社会保障制度についての提言が中心ですが、一番のメッセージははやり『社会は変えられる』ということだと思います。
 
官僚ともなると政治家からも国民からも風当たりが強いことでしょうが、後輩の官僚に『国の政策や法律さえも自分たちの力でかえられるのだ』と励まし続けていただきたいです。
 
 
 
にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
 
 

人気の本を斜め読み【読書メモ】

どちらも斜め読みできちんとした感想が書けないのですが、とりあえず最近読んだ本の記録として。
 


9回の出撃から生還した特攻兵の実話。
 
これはオススメ。もう一度ゆっくり読みたい。
 
 
 

キャッチーなタイトルとはちょっと印象が違っていました。
 
前半は、どのように現代の道徳観が形成されたかを裏付けるための文献紹介に割かれています。
 
後半は筆者の鬱憤を並べただけの感が否めません。
 
もうちょっと広い視点からの考察が展開されていると面白かったのだけれど…。
 
 
 
にほんブログ村 主婦日記ブログ 勉強している主婦へにほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
 
 

こんなお弁当本を待っていたのよ!

4月になったらお弁当の日々が始まります。
 
毎朝お弁当を作るなんて上の子が高校生の時以来。
 
朝に弱くて料理も得意じゃない面倒くさがり屋の私にとって、毎朝お弁当を作るのは鬼門と言っても過言ではありませぬ。
 
遠足やら部活の試合など年に数度なら冷凍食品とかでむにゃむにゃ〜っと誤摩化せるけど、さすがに毎日同じ冷食を使うわけにもいかないし…。
 
というわけで、この時季本屋さんで山積みになっている弁当本の中からこんな本を買ってみました。
 


 
ブログで人気の方なんですね。知らなかったわ。
 
離乳食用の容器を利用して、市販の冷凍食品のような作りおきを用意しておくというのはナイスアイデア。
 
同じようなことを考えて実行してみたこともあるのだけれど、メニューがイマイチだったのかあまり活用できずじまいでした。
 
このレシピ本に載っているおかずはどれもこれも、手軽に出来そうでしかも美味しそう。
 
冷凍に使う容器やおかずカップの選び方、詰め方のちょっとしたコツなども『なるほど〜』な内容が盛りだくさん。
 
大きさの揃った容器を使って、冷凍庫にも専用のスペースをきちんと確保するというのも大事なポイントかも。
 
たくさん平積みになっているお弁当本を1冊1冊比べてみたのだけれど、この本はピカイチ。
 
おかずの種類や組み合わせ方などかなり私のツボにハマってくれました。
 
4月からのお弁当づくり、目新しいお弁当グッズの力も借りてちょっと頑張ってみようかという気持ちが湧いてきましたよ。
 
 


 
にほんブログ村 主婦日記ブログ 勉強している主婦へにほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ