ゴッホのあしあと【読書メモ】


 
小説『たゆたえども沈まず』の執筆にあたり、原田マハさんがゴッホの生涯について様々に考察し想いを綴ったもの。
 
小説を書き上げた後に、ゆかりの地をふたたび訪ねる『巡礼の旅』の記録も。
 

 
この小説の中で史実とフィクションがどのように織り交ぜられているかも随所に書かれていて、小説と一緒に読むと興味深いです。
 
ゴッホやテオが日本人の画商林忠正と関わりがあったというのはフィクションのようですが、そのような人間ドラマがあったかもしれない…と考えると胸がじんわりしてきます。

 
 
にほんブログ村 主婦日記ブログ 勉強している主婦へにほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ