片山杜秀『クラシックの核心』【読書メモ】

その博識ぶりとストレートな話っぷりが魅力的な片山杜秀さん。
  
NHKFMの『クラシックの迷宮』が私の聞きづらい時間に移動してしまってからというもの、そのお声に触れる機会がなくて寂しい想いをしております。
  
氏の面白さを著作で味わおうと今までに何冊か手をだしているのですが、あの複雑な発想を文字で追うのはやはり難解でどれもこれもギブアップ。
  
思想書ジャンルというせいもあるし、たとえ音楽をテーマにしたものでも結局は作曲された時代・社会背景が絡んでくるしね…。
  
大好きな片山節といえども聞くと読むとは大違いなのだわ。
  
  
そんな中でも、どっぷりと音楽論だけの1冊がこちら。
  


  
河出書房の『文藝別冊』という雑誌で西洋クラシック音楽史上の人物を取り上げた際に、片山氏が談話の形で語ったものを編集者が原稿に書き起こし掲載したものだそうです。
  
事前の打ち合わせなしで進められるインタビューということですから、即興的にぽんぽん飛び出す片山節を存分に味わえます。
  
それら9回分を加筆修正して纏めたものがこの本ということで、編集者の書き起こしもお上手なのかとても読みやすく面白いんです。
  
取り上げられている人物は
・ バッハ
・ モーツァルト
・ ショパン
・ ワーグナー
・ マーラー
・ フルトヴェングラー
・ カラヤン
・ カルロス・クライバー
・ グレン・グールド
  
という超メジャーなラインナップ
  
バッハやモーツァルト、ショパンなど音楽の教科書に登場するような作曲家に加え、既に他界し世間の見方がある程度定まった演奏家ばかりです。
  
現代音楽や日本の音楽家についての評論を主としている片山氏がここまでメジャーな人物について語るなんて滅多にないこと。
  
自分の中にすっかりイメージが出来上がっている人物について、『そういう捉え方もあるんだ!』と気づかされることがたくさんありました。
  
  
例えばバッハを『大衆を友にする作曲家』と称し、耳の肥えた王族・貴族よりむしろ街の教会のミサで大衆に聴かせるための音楽、なじみやすい旋律をフーガやカノンといった方法で合唱や合奏の形で提供しているのだというのです。
  
主旋律&伴奏、ではなく全ての旋律が主役になる広い意味での対位法、つまり主役のいない対等なもの同志の絡み合いの世界が『民主平等の平民的世界の理想像』に通じてくるのだと。
  
やはりこのような見方は思想家ならではでしょうか。
  
  
他にもマーラーとは『大スクリーンで観ないと真価の感じられない大スペクタクル映画みたいなもの』という書き方も思わず膝を打ってしまいました。
  
盛りだくさんの要素を精緻で複雑にしかも『これでもか!』というほどてんこ盛りにした音楽は貧弱な録音・再生装置ではその真価が味わえない。
  
音色の多様さやダイナミックレンジの広さを味わえるだけの『高解像度』機器の発達した時代だからこそマーラーの価値が認識され人気が高まったのだ、というのも『なるほど〜』。
  
確かに、私が初めて『マーラーってスゴイ!』と思ったのは、秋葉原のオーディオショップで試聴用CDの中からマーラーの5番をかけて貰った時。
 
それまでラジカセから流れるラジオ放送でしか聴いたことのなかった私にとって、お店の広い空間で大音量で聴いたあの冒頭のトランペットソロとそれに続くオケのtuttiがとてもとても衝撃的だったことを思い出しました。
  
  
その他にもなぜカラヤンがあんなに人気者だったのかやグールドが人前での演奏会から遠ざかり録音を残すことに執着した件など、多くの評論家もいろいろと書いてはいますが『そこまではっきり言い切るのはちょとね…』と思っているに違いないようなことを、ズバズバと言ってのけてしまうところがとても気持ちよいの。
  
なんというか、読む人におもねらず、他人からの評価など気にしないジコチュー音楽評論ぶりが私は大好き。
  
  
この本の中の『ショパン』は、以前たまたま購入した2014年発行の『文藝別冊「ショパン」』に掲載されたオリジナルを読んでいたことに昨夜気が付きました。
  
このときのこと、ブログにも書いていましたね。
『河村尚子ショパンプロジェクト』(2018.11.8)
  
2013年に始まった『クラシックの迷宮』を聴き始めてから「面白い人がいるな〜」と気になり始め、このインタビュー記事を読んでぐぐっとファンになってしまったのが2014年の末。
  
以来ずっと気になる評論家。
  
いつか水戸芸術館の館長になってくれたらなあ…と日々密かに念じています。
 
 
にほんブログ村 主婦日記ブログ 勉強している主婦へにほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
 

 
 

いいかも!『5mm方眼ノート』x『ポストイット』【勉強法】

勉強が全くはかどらない下の子に、何かモチベーションの上がる勉強方法はないかしら…と探していて目についた『ふせんノート』。
  
流行っているようで、ちょっとググっただけでカラフルで楽しそうな画像がたくさん!
  
本も結構出ているようなので、とりあえず図書館でこれを借りてみました。
  


  
『ふせんノート』とは付箋に必要事項をメモしてノートに貼付ける…というもの。
  
1枚の付箋にはひとつのワードとその説明のみであれこれ詰め込まないこと。
  
ノートは付箋を貼る台紙の役割のみ。
  
その場では書いたものをどんどんノートに貼っていき、あとで内容を復習しながら整理して整えていくという方法。
  
この本の中では各教科ごとに、メモの取り方のポイントなどが解説されています。
  
  
学校の板書をこの方法で付箋を書きためて、家に帰ってから要点を見返しながら貼り直すという作業は確かに復習になりますね。
  
2〜3色の付箋を用意しておいて重要度や自分の苦手ポイントによって色を使い分けたり、大きな付箋には数学の照明の典型的なパターンを書いて、小さな付箋は見出しに使ったり。
  
書き損じてもパッと捨てて次の紙に書けば良いので、消しゴムや修正テープを使う手間もかからずノートが汚くなってしまうこともありません。
  
後から何か書き加えたくなっても『スペースがない〜』と悩んだ末に遠くの余白に長い引き出し線で繋げる必要もないしね。
  
1枚の付箋に書き留める時点で、何が大事なのか要約する必要があるから漫然と黒板を移すよりも頭を使う。
  
その時よくわからなかったとしても、家で纏めなおす時にもう一度良く考えて重要事項を抽出することができるしね。
  
問題は、学校の板書で(特に小中学生)それやれる〜?ってこと。
  
  
本の紹介には

・とにかく「勉強しない」
・学校の勉強に「ついていけない」
・家庭学習をしても、「成績が上がらない」
・5教科のなかに「苦手科目」がある
  
お子様はこんなふうに変わります。
  
・勉強が楽しくなる
・授業が理解できる
・家庭学習が成績に結びつく
・苦手科目がなくなる

  
とあるのですが、これは向き不向きが大きい方法ではないかと感じました。
  
付箋にまとめることに意識が行き過ぎちゃって『これってどうやってかく?』とか、
  
授業中に計算練習をノートにやりなさ〜いと言われたらそれも付箋?
  
間違った過程も捨てずに残しとかなくちゃ!、が子どもにできるかな…などなど。
  
ある程度勉強に何が大事かを分かっていないと、ちょっと難しいのではないかしら。
  
短時間でぱっと要点を付箋に書き出せる、という時点で『学校の勉強についていけない』ということはないだろうな…。
  
あとは家でその日のノート全教科分を広げて貼り直したり纏め直したりのというのも、結構時間をとられるのでそれをできる子はそもそもある程度の成績はとれていることでしょう。
  
我が子のことを思い浮かべてみると、『何が分からないか分からない』や『基礎からの積み重ねが不足している』ようなお手上げ状態の子どもにはちょっと難しいかなあ。
  
  
  
逆にこの方法で効果が上がりそうなのは、中・高校生ぐらいの年齢で、ポイントを上手に纏めることが苦にならない子。
  
受験生や試験前、自分なりに重要ポイント・苦手ポイントをきちんと纏めて何度も繰り返し頭に叩き込みたいと思っているとき。
  
そのその重要ポイントを参考書などから拾い出して、自分がわかりやすい言葉で簡潔にまとめる作業というのは、自分の理解や記憶のためにはとても良い方法ですからね。
  
ましてや綺麗な付箋を使ったり色ペンを使うのが大好きな女子にとっては一番効果的な方法かもしれませんね。
  
  
  
あとは、やるべきことがたくさんあって時間管理がうまくいかずにとっ散らかってしまう大人(ワタクシがその典型)にとってはかなりいいかも。
  
本を読んでいるうちに、私の方がやりたくなっちゃいました。
  
そんな大人向けの本の方がたくさん出ているのもうなずけます。
  




  
専用のノートセットや、罫の太さが付箋のサイズと合わせてあるノートや逆にノートの罫線に合わせたサイズの付箋なども売られているのね。



  
うれしいことに愛用している5mmの方眼ノートなら一般的な75mmx75mmのポストイットがぴったり納まるの♪

ポストイットシリーズは5mmが基本単位になっているものが多いので、大小使い分けたい場合もOKね。





  
勉強に限らずですが、どこでも気軽に入手できる道具を使った方法は長続きのための一番の秘訣だと思っているので、『5mm方眼ノート』x『正方形のポストイット』を使えるこの方法をちょっと取り入れてみます。

 
 
にほんブログ村 主婦日記ブログ 勉強している主婦へにほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
 

 
 

参考図書【読書メモ】 図書館文化史(1)ー司書課程受講物語 (84)ー

図書館文化史の参考になるような本をいくつか借りて読んでいます。
 


情報を記すための媒体(メディア)としての書物の歴史。
 
西洋の粘土板&楔文字、パピルス、羊皮紙(パーチメント)、中国の甲骨文字や竹簡、日本における巻子本にはじまり様々な装丁の変遷など、豊富な図版で紹介されています。
 
私たちの先祖が情報を書き残すために様々な努力を重ねてきたことが読み取れます。
 
教科書的な内容でありながら全体的に軽めで読みやすく、雑学っぽいコラムがたくさんあるので肩肘張らずに読める上に勉強にも役立ちます。
 
分野の異なる複数の著者が書いているため書物史全体を網羅しているというわけではありませんが、狭い分野が妙に深く書いてあったりするのも面白い。
 
情報を残す・伝える手段という意味から楽譜や帳簿について言及した部分はとても新鮮でした。
 
 

こちらは江戸時代の人々がどのように書物と関わってきたかという視点。
 
徳川家康や家光の蔵書を納めた御文庫や、全国の藩校の付属図書館的な文庫、維新後それらの蔵書がどうなったのか、江戸時代の庶民が結構読書を楽しんでいたことなど、こちらもまた読み物として楽しめました。
 

これ、すっごく重量があって写真が美しく本当に素敵な本です。
 
『本を収蔵する空間の歴史』について、美しい写真に加えてかなり専門的な解説(しかも巻末には出典文献も纏められています)があり、図書館好きの人なら虜になる1冊であること間違いなし。
 
3年程前にも図書館で借りたことがあるのですが、その時は写真集的に楽しむのが主で、細かい記述はざっと読んだだけ。
 
建築様式の美しさや、現代とは異なる書物や書架の形態などに『へ〜、なるほど〜』とひたすら感嘆するだけで終わってしまっていました。
 
あれから3年、曲がりなりにも『図書館とは何ぞや?』を勉強し、『図書館文化史』の参考図書として意識しながら読むと新たな気づきが山のように出てきます。
 
記録媒体や記録方法、印刷の発達についても自ずと言及されており、書見台や書庫の形態、その場がどのような役割を果たしていたのかなど、改めて勉強になることばかり。
 
それにしても中世後期〜18世紀ヨーロッパの壮麗な建築には心奪われてしまうわ〜。
 
その他にも重厚な歴史を感じさせるイギリスやアメリカの図書館やハイテクな最新設備を備えた現代の図書館。
 
日本のものでは司馬遼太郎記念館の息をのむような美しさに圧倒されます。
 
どれもこれも見飽きることがなく、是非一度この目で見てみたい場所ばかり。
 
 
せめてこの本が手元にあったらなあ〜。
 
でもこの値段と大きさと重量を考えたら、うっかりポチッとするわけにはいかないのよ。
 
 
3冊とも読み物として楽しめるのはもちろんですが、やはり図書館学のテキストをきちんと読んでからの方が、より理解しやすく楽しみも倍増というところ。
 
テキストを読んだり、このような参考資料を読んだりと、行ったり来たりしながらの最終科目の勉強となっています。
 
ちなみに指定のテキストはコチラ↓

 
 
 
にほんブログ村 主婦日記ブログ 勉強している主婦へにほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
 
 

 
 

中学生が書いた小説にメロメロ【読書メモ】


タイトルは壮大だけれど、毎日の生活の中に活かせそうな具体的なアドバイスが多くて小学生くらいのお子さんをもつ親御さんにはおすすめ。
 
『カリスマ』とよばれる先生が長い教師経験から得たものだけあって、言葉がけのタイミングなどは体験に基づいたノウハウがあるようです。
 
さっと読んだ感じでは簡単にできそうな気がするのだけれど、自分の子どもに対してこのように接するのって意外に難しいかも…。
 
もちろんやろうとしなければできないものね。常に心がけることが大事、大事、大事…と自分に言い聞かせています。
 
 
 

 
無料で読めるの書き下ろし最終章を読んだ時に感想を書きましたが、他の章も素敵な小説でした。
 
西原理恵子さんのイラストも小説のイメージにぴったり。
 
田中さんとはたくましいシングルマザーと2人で暮らす小学6年生の花実ちゃんのこと。
 
最終章が田中さんのクラスメイトである信也君の物語であり、彼の視点で田中さん親子を描いているのに対して、他の章では花実ちゃんが自分の日常を語る形になっています。
 
仲良し3人グループのうち自分を除いたた2人が『ドリームランド』へ行く計画を知って…というお話や、降って湧いたようなお母さんの再婚話などがエピソードになっているのですが、彼女の心の葛藤や諦めの気持ちを前向きにり替える姿がとっても切ない。
 
全く親戚付き合いがないことやお母さんが決して語ろうとしない過去について『棚の奥のドクロ』なのだと自分なりに折り合いをつける姿など、花美ちゃんが小学6年生にしてはちょっと出来過ぎなのがオバチャンとしては心配。
 
作者の鈴木るりかさんが小学生時代に書いた小説を加筆訂正したものと中学生になってからの書き下ろしということなので、実質中学生の文章なのだと思うけれど、この『花実ちゃん』が小学生だった頃のるりかさんの中にどのように生まれてきたのか知りたいものです。
 
 
 
にほんブログ村 主婦日記ブログ 勉強している主婦へにほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
 
 

 
 

カズオ・イシグロ【読書メモ】


 
2017年ノーベル文学賞を受賞したカズオ・イシグロの作品。
 
 
臓器提供者として生まれてきたクローン人間として短い人生を生きる少年少女たちのお話。
 
全編を通してその中の1人の女性の独白。
 
とにかく淡々と抑制の効いた語り。
 
そのせいなのか、あり得ないはずの設定なのになぜかとても現実味があるのです。
 
そしてうっすらと気味悪い。
 
そんなに長い話ではないのに、読み終わるまでに随分時間がかかってしまいました。
 
勢いでダーッと読めない。
 
数ページ読んでは本を閉じ、数日放置してまた開き….という感じでした。
 
過去の出来事がただただ静かに語られるので、途中かなり飽きてしまうことも確かです。
 
それでも結末を読みたい一心で少しずつ読み進めました。
 
結局劇的な最後ではありません。
 
ひたすら静か。
 
なんとかたどり着いた最後の数ページに、この小説の素晴らしさが凝縮されていると感じました。
 
そしてその最後の場面を味わうために彼女の長い長い独白を読む必要があるのだなあと。
 
 
 
実は昨年のノーベル賞発表後に『日の名残り』を読みたかったのだけれど、図書館の予約待ち人数が凄いことになっていたために予約もせずに放置していました。
 
改めて覗いてみたら、大分落ち着いてきた模様。
 
さらに『ノーベル賞記念版』と銘打ったものが新たに購入され蔵書も増えていました。

 
 
こちらが予約殺到の文庫版

 
 
 
にほんブログ村 主婦日記ブログ 勉強している主婦へにほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ