全国のスペシャルな司書軍団 ー認定司書ー【読書メモ】


  
認定司書というのは

日本図書館協会が公共図書館の経営の中核を担いうる専門的職員として認定した司書。
  
認定にあたっては,その要件を示した上で申請者を募り,審査会のもとで総合的な審査を行い,理事会の議を経て決定される。
  
有効期間は10年間であり,認定司書であり続けるためには認定更新の審査を受ける必要がある。
  
司書全体の研鑽努力を奨励するとともに,司書職のキャリア形成及び社会的認知の向上に資することを目的としている

  
司書として経験を積んだ方が日本図書館協会へ申請し、審査を通過した上で認定されたスペシャリストということですね。
 
サイト内の認定司書への道というコーナーを読むと、申請には論文提出も必要なようです。
  
日本図書館協会のwebサイトには名前と所属先が書かれた名簿が掲載されています。
  
2018年4月1日現在で150人程。茨城県では1人だけでした。
  
  
この本では12人の認定司書さん達が、それぞれどのような思いで仕事をなさっているかを記しています。
  
公共図書館で働く方ばかりですが、正規職員だけでなく非正規職員の方も大勢いらっしゃるようです。
  
司書としての熱い思いはもちろんのこと不安や戸惑いも包み隠さず書かれていて、こんなにキャリアを積んだバリバリの方でもいろいろと悩みながらやっているんだなあと感じました。
  
むしろ経験を積む程、課題の多さに気が付くということでしょうか。
  
  
第3章で、各人のおすすめ本が紹介されているのが面白かったです。
  
文芸書だけでなく図鑑や理学系読み物などがとりあげられていて、司書というのは単なる読書好きではないのだということを再認識させられました。
  
その中でも是非読んでみたいと思ったものをメモしておきます。
  


 
 
 
にほんブログ村 主婦日記ブログ 勉強している主婦へにほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
  
  
  

  
  
  

図書館でもホテルなみの接遇を【読書メモ】

『人と人との間にものがあれば、それはすべてservice業』
 
なるほど。
 
 
ホテルもレストランも図書館も医療機関もすべて原点はそこなんだ。
 
『利用者』『患者』ではなくてゲスト。
 
マナーや言葉遣い、スタッフの態度全てを通してゲストに快適性を提供するのがservice。
 
タイトルに『図書館接遇』とはありますが、図書館には全く特化していません。
 
ちょっと気をつけたいのは、司書の勉強では『サービス』という言葉は『奉仕』とか『資料の提供』という意味で使われること。
 
ニュアンスが微妙にちがうかも。著者があえてServiceと英語で書いているように、別のニュアンスで読む方がすっきりするかもしれません。
 
 
接遇という意味での『Service』で基本となる考え方は冒頭のことば通り。
 
その基本に立った上で具体的なテクニックが並んでいます。
 
でも、具体的と言っても具体的ではないの。
 
ものを手渡すときは云々、ゲストに背を向けない、そのためにはこのように動く….
 
でもそのときその時でどう動くかの判断は全て異なる。
 
難しいね。
 
 
 
なるほど!と思ったのはスピードのコントロールについて。
 
相手が7のスピードで話しかけてきたら、こちらは3のスピードで応える。
 
動作や会話のスピードはお互いのテンポが合わせて10になるのが心地よい…というのは具体的な場面を想像して見るととても納得できます。
 
物を手渡す時や、ゲストに書類を記入していただく時のこちらの手の動きについても具体的な流れが書かれています。
 
なるほどそうするとエレガントで次の行動がお互いにスムーズ。
 
 
そういえば『意識高い系』のお店やホテルなどではこういう動きで対応されること多いかも…と思い当たることがいくつもありました。
 
サービス業界ではかなり当たり前のことばかりなのかもしれません。
 
 
つまりはその『当たり前』を図書館でもやりなさいよ!ってことなんですね。
 
 
あとね『貼り紙はやめましょう』っていうの同感です。
 
『あれはダメ、これもダメ」、お願いごとでいっぱいの図書館は息苦しい。
 
そこを利用する全ての人がマナーを守り気持ちよくすごせるような空間を演出するのもスタッフの力量次第ということのようです。
 
 
にほんブログ村 主婦日記ブログ 勉強している主婦へにほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
 
 
 

 
 
 

中学生の書いた小説とは思えない!将来楽しみだね。【読書メモ】

小学館が主催する「12歳の文学賞」史上初3年連続大賞受賞という鈴木るりかさんの作品。
 
小学館のサイトから無料で読めるこちら。書き下ろしの最終章を読んだ印象です。
 
中学生が書いたというのもびっくりですが、それを差し引いてもいい小説でした。
 
 
 
登場するのは小学6年生のこどもたちとその親や兄弟。
 
主人公の信也君の視点で描かれるのですが、クラスメイトの田中さんとそのお母さんがとってもいいの。
 
ほんのちょっとだけ登場するクラスメイトの女の子達や信也君のお兄さんお姉さん伯母さん、登場人物それぞれがくっきりと描かれているのも秀逸。
 
切なくなったりあったかい気持ちになったり、絶望的になったりほっとしたり。
 
私は同じような年頃の子どもを持つ親としての視点で読んでしまいましたね、やっぱり。
 
私の立場に一番近いのは信也君のお母さん。ここまで極端ではないにしろ『自分もこうなってしまっていないか?』とちょっとぞっとしちゃいました。
 
田中さんのお母さんは、信也君のお母さんとは正反対の立ち位置。
 
 
 
若干14の才の作者が両極端の2人の大人をここまで暖かい視線で描けるということに驚愕です。
 
ただ、最後の2ページだけ急にポエム感が強くなってしまたのがちょっと残念。
 
抑えた文章で淡々と進んできたのに、最後の最後で作者の『中学生女子』臭が出てしまったのは油断したかな?。
 
 
今なら、こちらから全文が無料で読めます。
『さよなら、田中さん』
 
 
この書き下ろし作品と「12歳の文学賞」受賞作品を含む著作集はこちら↓。


 
 
 
にほんブログ村 主婦日記ブログ 勉強している主婦へにほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
 
 
 

 
 
 
 

原田マハつづき【読書メモ】

しつこく原田マハさん読んでます。
 


 
今回のは4編の物語からなる短編集。
 
 
4人の印象派の画家が主人公です。
 
どのお話も関わりがあった女性の視点で描かれているところがなかなか面白いのです。
 
1.マティスーーー絵画コレクターのマダムに見込まれ、マティスの家の手伝いをするようになるマリア
 
2.ドガーーー同世代の女流画家
 
3.セザンヌーーー若い画家達を支援する画材屋の店主タンギーの娘
 
4.モネーーー元パトロンの娘で後にモネの息子の妻になるブランシュ。
 
物語に登場する絵画を思い浮かべながら読むのは楽しいね。
 
フィクションといいつつも時代背景や画家の人生の大枠については史実のようです。
 
原田さんの表現は本当に柔らかく色鮮やかで、読んでいると目の前にマグノリア(タイサンボク)の白い花やモネの庭の風景がふわ〜っと広がります。
 

疲れている時や寝る前に読むにはぴったり。
 
心穏やかになるようなお話ばかりでした。
 
 
 
にほんブログ村 主婦日記ブログ 勉強している主婦へにほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
 
 
 
 

 
 
 
 

折れ曲がって届いた雑誌の件でカスタマーセンターに連絡してみた。

Fujisanで雑誌を買った件を先日書きました。
 
>A4サイズのビニール袋にA5サイズの商品がポンと入れられメール便でポストに投函。
>袋の中で暴れたのか、ポストに入れる時にひっかかったのかわかりませんが、このお高い雑誌がぐちゃぐちゃ〜となっていたのです。

 
ということをカスタマーサービスにメールしたのです。
 
別に交換してほしいなどというつもりはなく、次回から何か工夫してほしいと伝えたのみ。

 
 
そしたら翌日丁重な返信メールが。

Fujisan.co.jpをご利用いただきまして、誠にありがとうございます。

この度はお届けした雑誌に破損があったとのこと、
ご迷惑をおかけいたしまして、大変申し訳ございませんでした。

再度、ご注文の雑誌『◯◯◯◯』第◯◯号(2018/◯◯/◯◯発売号)をお届けするようお手配いたしました。

お手元の雑誌に関しましては、お手数ですが、破棄していただけますよう お願いいたします。

また、梱包方法に関しましては、現在のところ封筒のみとさせていただいております。
しかしながら、多くのお客様から同様のご意見をいただいておりますので
今後の改善の参考とさせていただき、よりご満足いただけるサービスを目指して努めてまいります。
万が一、到着した雑誌が雨に濡れたり汚れたりしていた場合、 お知らせいただければお取替えいたします。
ご不便をおかけいたしますが、何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。

ご不明な点などございましたら、お気軽にお問い合わせください。

今後ともFujisan.co.jpをよろしくお願いいたします。

 
 
で、本日新しいものがメール便で配送されてきました。
 

今回の梱包はビニール袋ではなく、ボール紙で出来たメール便用のA4サイズ封筒。
 
↓こういうやつね。


 
 
封筒にはオリジナルの印刷がされているので、そういう準備はあるのに使わなかったってことかあ。
 
経費を考えれば節約したくなるのはわかるけど、こういうことがあると却って高くついちゃうね。
 
 
にほんブログ村 主婦日記ブログ 勉強している主婦へにほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ