今って、教養ブームなの?

もしかしたら最近『教養』とか『知的体力』とかいう言葉が流行ってる?
と大手新聞社のネットサイトを見ていて思いました。
  
そのサイトの「『教養』とは何かー」という連載の中で紹介されていた本をamazonで探していたら、そのまま芋づる式にいろいろな本が出てきます。

などなど。

  
いろいろ借りて来ても返却期限内に読み切れないので、とりあえずここにメモしておきます。
  
それにしてもタイトルに『教養』とか『知的◯◯』などとあるものが多くてちょっとビックリしました。

『世界の夢の図書館』

「美しい知の遺産 世界の図書館」に続いて『世界の夢の図書館』を借りてきました。


 
 本当にため息の出るような図書館の数々が、美しい写真をふんだんに使って紹介されています。コインブラ大学ジョアニナ図書館、フランス国立図書館リシュリュー館、オーストリアのアドモント修道院図書館などなど共通して紹介されている図書館もいくつかありますが、内容やとりあげ方についてはそれぞれに特徴があります。どちらかというと前者は文献的、後者はガイドブック的な印象を受けました。
 
 『美しい知の遺産〜』の方は時代ごとにまとめてあり、その時代的背景をもとに本や建築の特徴が解説されています。注釈も豊富で、図書館についての理解を深める参考書としてもかなり役立つように思いました。ひとつ残念なのは各図書館についての目次がなく、個々の名称を覚えていないと巻末の索引でも見つけることができない点でしょうか。
 
 一方『世界の夢の図書館』の方は西・南・中央・北の各ヨーロッパ、南北アメリカ、オセアニアなど地域ごとに章が別れており、各図書館ごとにページが割かれています。それぞれの土地の様子や設立の経緯、建物内外の特徴や見所なども平易な言葉で紹介されていて文字も大きくゆったりとしたレイアウトなので疲れずに読めるのが良いですね。
 また、所在地の住所やwebサイトのURL、開館日や開館時間などのデータも記載されていて実用的です。
 
 取り上げられた図書館が重複しているとはいえ、どちらも魅力的で手元に置いておきたくなるものでした。ただ『美しい知の遺産〜』のほうは値段がねえ〜。内容的にも少し固くしょっちゅう手にとって気軽に眺めるという感じではないので、実際に買うとしたら『夢の図書館』の方かなあ。

 
 余談ですが、先日この本を眺めていた義両親が『ポルトガル旅行でここに行ったよ!』とコインブラ大学の図書館のページを懐かしそうに見ていました。それはそれは素晴らしかったそうです。

『美しい知の遺産 世界の図書館』

先日図書館で借りた本。

重くて重くて。手にもってパラパラめくるというわけに行かないので、姿勢を正して机の上に載せ読んでみだり、お行儀悪くに床において腹這いになって読んだりしています。
美しい写真多数とともに、図書館としての役割と建築の関係を解説しています。建築の視点から図書館を見るということが私にとってはとても新鮮でした。

 
当然のことながら図書館の歴史にも深く言及されているので勉強になります。古代メソポタミアから16世紀,17世紀,〜,20世紀そして電子書籍時代と時代ごとに、またパピルスや羊皮紙、印刷や版木など記録形態の変遷、ブックチェスト、カボードなど書架の形態などなど、本当に様々な視点から図書館という『知の遺産』について書かれています。
索引や引用文献もきちんと書かれています。
 
翻訳がちょっと読みにくいところがありますが、英語で書かれた学術書を日本語で読めると思えばありがたいものです。
 
文章も多いのでまだ全部は読んでいないのですが、美術書として眺めるのも良し、建築史、図書館史の参考書として読むのもまた良しですね。

 
この本は気軽に買える値段ではないのですが、検索していたら他にもこのような本が出ているのですね。↓このくらいなら買えるかなあ。とりあえず近所の図書館にあったので借りてみることにします。