SARASA X FUJIYA 愛らしいペコちゃん柄のサラサ。

ひと頃はSARASA一筋だったのに、このところJetstreamばかり手に取るようになっています。
 
細かい文字を書く機会が増え、その滑らかさと安定した線の細さが心地よいからだと分析しております。

 
 
そんな私の浮気心に喝を入れるような商品を発見。
 
近所のスーパーでいつものように買物中のこと、普段通らない文房具コーナーを何気なく通ったらバーンと目にはいってきたペコちゃん柄のSARASA。
 
真っ先に目に飛び込んできたのがオーソドックスなミルキー柄の水色。ウワっ!と思いながら売り場をよく眺めてみると全部で8色が並んでいるじゃありませんか。
 

 
『欲しい!』と思ったものの、「使うとしたら赤か青だよね〜、でもこの水色の柄は捨てがたい….」となかなか1本に絞れません。
 
『だいたい、ボールペンなんて何本もあるのだからこんな無駄遣いダメダメ!』という心の声と、『子供たちにもウケそうだし、あげたら喜ぶよね〜』という悪魔の囁きが両方聞こえてきます。
 

隣に4本セットがかわいらしくパッケージングされてぶらさがっているのを見たら、たまには無駄なものを買ったっていいじゃん!という気持ちがむくむくと湧いてきてこの4本セットをカゴにポイッと入れてしまいましたよ。
 

sarasa1
 

持っているだけでうれしくなっちゃうような愛らしさ。
こんな商品があふれていると、中高生の女子はお小遣いがいくらあっても足りないよねえ。
 
sarasa0
 

パッケージにはそれぞれの色ごとに、いちごミルキーや抹茶ミルキーの香りが付いていると書いてありましたが、こちらは期待はずれ。どれも同じような香りでキンモクセイというかトイレの芳香剤のような…。
 
sarasa2

 
他にも、カントリーマアムやネクター柄の(こちらもクリップのところでペコちゃんがにっこり笑っています)コラボSARASAが4色ありました。
 
こちらがZEBRAのサイト。従来のSARASA用ペコちゃん柄替芯もあるようで、こちらも欲しくなっちゃうわ〜。
 
 
 

替芯買わなくちゃ

バックに常備しているZEBRAの3色ボールペン、SARASA3

 

家では単色でサラサクリップの黒と赤を日常的に使っていますが、外出時には黒・赤・青の多色ペンを愛用。販売時には太さ0.5の芯が入っていますが、最初に入っていた分を使い切ったあとは0.4の替芯に入れ替えて使っています。

サラサクリップの替芯はJF、サラサ3はJKなので、同じ太さ0.4でも2種類用意しておかなくてはなりません。ちなみにオットはサラサクリップ0.7の黒と赤を使用しているので、ズボラな私にとっては替芯の在庫管理がちょっと面倒。
 

というわけでJK0.4の在庫が切れてました。ちなみに子供がサラサ3を使っているのですが、さすがに子供のインクの減り具合までチェックしてませんからね。

先日『インクなくなった〜。丸付けできないよ〜』と言われて私のペンに入っていた赤芯を抜いて渡しました。それとて今にもインクなくなりそうな使い古しなんですが。

 
というわけでここ数日私のサラサ3には黒と青しか入っていません。今日はたまたま地域の会合があり、レジュメにいろいろと書き込む必要があったので大変不便しました…。
 

明日こそ買ってこなくちゃ。