2019→2020 固定費大幅削減

長年お世話になったポケットWIFIを解約しました。


初めて持ったのは10年位前のこと。

小学生だった上の子にi-pod touchを購入しようとしていた店頭で勧められた『イー・モバイル』。これを2年契約すれば、i-pod touchがもう一台ついてくる!っていうキャンペーンだったんだよね。

『今ならポケットWIFI端末もサービスでつけますよ〜』と言う甘い言葉に載せられ契約。



打合せでノートパソコンを外に持ち出すことも多かったので、月々3,000円程度で導入してみたこの仕組みは思いのほか便利でした。



そうこうしているうちに格安SIMが登場するようになり、たまたまイオンで見つけた月々980円『IIJ』のサービスを見かけ驚愕。毎月2,000円も安いの!?。

こんなにも料金が違うのはなぜなのか不思議に思い家に帰って調べてみたところ、MVNO(他社から携帯電話回線などの無線通信インフラを借り受け、独自のサービスを加えてリーズナブルな料金で提供する事業者)という仕組みが広まりつつあることを知りました。


オットとも相談し、ちょうどイー・モバイルの契約が2年経過しようとしていたのでそちらを解約しIIJに切替えることに。


切替に当たっては初期費用としてポケットWIFI端末が必要。

結構な値段するものでしたが、docomo回線を使っているIIJのSIMはdocomoの端末が使えるとわかり、たまっていたポイントで購入。初期費用は事務手数料3,000円のみで済みました。



それから8年。ノートパソコンやi-Padと一緒に持ち出して便利に使っていましたが、昨年やっと家族全員がスマホ持ちになり、デザリングも問題なく使えることがわかったので『IIJ』を解約することにしました。


昨年家族全員が格安SIM利用にしたことと合わせると、携帯通信にかかる費用が毎月8,000円以上減りました。

1年間で考えると約10万円ですからこれは大きい。

医療保険の見直しもかなり大きな金額だったので2019年を境に固定費をかなり縮小でき、売上が減少している我家にとってはかなり大きな節約となりました。


我家で使っているのはこちらの↓『OCNモバイルONE』。4人で毎月10,000円以内に納まっています。

音声SIMが月額1,180円(税抜)から!格安スマホならOCNモバイルONE


データ通信のみならもっと安いのだけど『通話はLINE電話だけでいいじゃーん』とは割り切れず。

やはり音声通話用の電話番号は持っておきたいという私の希望で、こどもたち含め音声通話つきを契約しています。




↓ ポチッとしていただけると更新の励みになります。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ