来年の確定申告の準備

今年の確定申告・消費税申告の提出期限が1ヶ月延長されましたね。


出来上がってポストに入れてしまったあとだったので我家には全く影響ありませんでしたが、申告会場周辺の混雑が少し緩和されるかも。




事業用の青色申告用帳簿と、個人事業主としてのオットの確定申告、それから専従者給与とパート収入を得ている自分の確定申告が、毎年度末の大仕事。


数年前からは、国税庁のHP内で計算してくれたものをプリントアウトして送るだけになったので、ほんとう〜〜〜〜〜〜〜〜に楽になりました。

毎年恒例とはいえ毎回手引書と首っ引きでしたから、質問に答えながらページを進めて行くだけで自動で計算して指定のフォーマットに落とし込んでくれるシステムがどれだけありがたいことか。




eTaxにしてしまえば出力・郵送の部分も省けるのですが、eTax専用のカードリーダーが必要な上にMacには対応していないとあって、ずっと横目で見ていました。


ところが! 

いつから始まっていたのか分かりませんが、マイナンバーを取得した上で専用のIDとパスワードを発行してもらえばリーダーなしでHPからeTax申告できるようになったらしいのです。しかもMac対応。

『スマホからラクラク確定申告』を推奨している関係かしらね。





そして、ここからは青色事業者にしか関係ない話ですが…。

2020年分の申告(来年の春提出)から、電子申告にしないと青色申告控除額が65万円から55万円に減額されるそうですよ。

Oh No ~~~!。

電子申告とは、電子帳簿対応の帳簿ソフトウエアを使って作成した物を提出するかeTaxを利用する申告方法。

我家で使っているMac対応の帳簿ソフトは電子帳簿対応ではありません。そもそもMacで使えて手頃な価格のソフトウエアがこれしかないからね。



ということは『マイナンバーを取得した上で専用のIDとパスワードを使ってのeTax』をするしかない。

eTaxを利用するための手続きは、本来前年度中(2020分申告から使いたかったら2019年中)に終えなければならないそうですが、本年に限り9月まで手続きを受け付けているそうです。


うちのような零細個人事業主にとってはたとえ10万円の控除でも大きいのよ。


税理士さんに頼んでいる方は心配ないでしょうけれど、自分で申告書類作っている青色事業者の皆様、忘れずにやらねば!ですわよ。





↓ ポチッとしていただけると更新の励みになります。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ