消耗品の在庫がたっぷりあるとホッとする



パン作り用のふきんを探していたら、普段使いの台布巾もいろいろ目についちゃって。


立ち寄ったホームセンターのカインズでは、ガーゼ布巾3枚セットが298円だったので購入。無印風のシンプルデザインのオリジナル商品。


たまたま通りかかった東急ハンズのポップアップショップでも、お気に入りの白雪ふきんを一枚。こちらは愛らしいイラストつき。



先日パン作り用にAmazonで買った中村のドビー織りふきんも、5枚セットのうち3枚は引き出しへ。



そんなこんなで布巾の引き出しがいつになく在庫豊富状態。




トイレットペーペー、キッチンペーパー、ティッシュやジップロックのような消耗品の在庫がたっぷりあると落ち着くの〜。なぜかしらね。


高度経済成長期に幼少期を過ごし、若い頃はバブル時代まっただ中、使い捨ての大量消費があたりまえの時代を過ごしてきたからでしょうか?





いつだったか、友人とコストコでお買物した際にZiplockの袋も購入してシェアしたことがあります。


Lサイズ38枚入4箱セットで売られていたので2箱ずつ。


『こんなにたくさん、使い終わるまで何年かかるかなあ?』なんて話をしていたら、友人が『なんかさあ、こういう消耗品がたっぷりあると豊かな気分になるんだよね〜』と口にしました。




ちょうどミニマリストが脚光を浴び始めた頃で、狭い家にアメリカンサイズの消耗品を大量在庫するなんて愚の骨頂のような空気が漂いはじめていた時期。


溜め込む生活って年寄りっぽいけどね…と笑いながらも、バブル世代のオンナ2人は消耗品たっぷり生活に軍配をあげたの(笑)。





『今の時代、いつだって簡単に手に入るのに。そんなにたくさん買う必要ないじゃない?』という考えももっともですが、このところ棚から商品があっという間に消えることが多くなっているしね。



やっぱり私は買える時にたくさん買って、在庫たっぷりでいるのがホッとするわ。









↓ ポチッとしていただけると更新の励みになります。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ