男性蔑視発言って言われちゃうかな?




森会長の失言、謝罪会見したはよいけれどもはや泥沼化ですね。


発端となった『女性蔑視』発言はマスコミが切り取った報道しか知らないのですが、謝罪内容からすると『ある人が言ってたんだけど、どうもこうらしいよ〜』的な感じだったみたいですね。

【追記】ちょっと私の情報不足でした。以前トップを勤めていたラグビー協会の女性理事さんのことを指していたんだね。ラグビーの素人であることで質問が多くなってしまっていたとのこと。これって女性・男性という問題ではないのに『女性は話が長い』って言っちゃうところが問題だわ。(追記終)





この世代の男性にとっては女性が社会で男性と同じレベルで仕事をすること自体馴染めないのだと思う。幼い頃からそういう価値観の中で生きてきたのだから。


生まれながらに刷り込まれてきた価値観を、このお歳になってから変えざるを得ない立場に立っていること自体がお気の毒なくらい。


国際的に注目される立場にいるのに、おじいちゃんの茶飲み話レベルのつぶやきをドーンと発言しちゃった失言大王。


鈴木大地さんのような人の方が国際感覚とのギャップが少なくて良かったんじゃないのかしらね。





以下、男性蔑視な表現があるのでおイヤな方はスルーしてね。


個人的な経験に限定して言えば、公の場で無駄に話が長いのは中高年男性だと感じています。


持ち時間の限られた場でだらだらと自分の功績やら世間の動向話を繰り広げ、結局何が言いたいの?ってなるのは大抵が重鎮的存在のご老人男性。


それに対して役所の女性職員さんたちの優秀さったら!。やり取りは簡潔でわかりやすく作業の進め方がとっても柔軟。



男性・女性とか若い・高齢と決めてかかるつもりはないのだけど、仕事を進める上で『俺様をリスペクトしろ』感が鬱陶しいのは…、…以下省略。







私は正直なところ、森さん個人を叩くことにあまり意味がないと思っています。


経歴や年齢が積み重ならないと組織のトップに据えられないような仕組みを変えないと。


今の日本では大きな公的組織ほど高齢(=時代遅れ)の人がトップになるような流れ。


そのような組織は女性が居心地の悪〜い組織でもあると思うの。


緒方貞子さんもそうでしたが、日本で組織のトップに立つような女性は海外での仕事ぶりが国際的に評価されるのが先。


海外での評価が固まるとようやく後追いで国内組織のトップに招かれるという流れ。


自ら見いだして自分達のリーダーに据えることができないっていうのはなんだか残念な話だねえ。








というわけで、森さんのようなおじいちゃんは早く引退させてあげてほしいわ。


縁側のお茶飲み話なら失言大王ぶりもご愛嬌だからね。







いつも応援ありがとうございます。
ポチッとしていただくと更新の励みになります。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ

↓ 読者登録もぜひ!
B_type - にほんブログ村



  

フォローする