無印良品の【落ちワタふきん】を買ってみたよ。



パン教室に通い始めた昨年の夏、こんな記事を書いていました。

週末はABCクッキングスタジオのオリエンテーションに行ってきました。 予約の仕方やポイント制度の詳しい説明と簡単なお菓...

一次発酵後のベンチタイムや成形をしている間、生地が乾かないよう湿らせたフキンをかけてきます。


水で湿らせたときに重くなってしまうと生地を潰してしまうのであまり厚手では困ります。


また、天板の上で二次発酵させることを考えると天板全体をほぼ覆えるサイズであることも必要。


当時ネットでいろいろ探していて気になったのが、パン教室を主催している方がオススメしていた無印良品の【落ちワタふきん】。


早速探してみたものの残念ながら店舗在庫なしだったこともあり、結局こちらのドビー織りの5枚組をAmazonで購入してムスメと分けっこ。




大きさも色合いも気に入って使い始めたのですが、パン作りに慣れてくるうちに少し重たいなあと感じるようになりました。


生地がしっかりしているせいか、かなりキツく絞っても水分が多くてちょっと重いのです。ふっくらとあかちゃんのほっぺのようなやわやわの生地を覆うのには気が引ける感じ。


ですから、最近では家でのパン焼きにはこちらのキッチンペーパーを使用中。さっと濡らして片手でギュッと握るとちょうどよい感じでラクチン。


大きさがちょっと小さいのが玉にキズだけれど、最後に作業台を拭いたりして使い切ってポイッとできるのも手軽で気に入っています。






とはいえ、教室へはフキン持参なのでずっと気にかかっていたのよね。


で、先日近所の無印良品に寄ってみたら…。


あるある!


赤い縁取り4枚・青い縁取り4枚・白4枚を組み合わせた12枚セット、白だけ12枚セット、どちらも山ほど置いてありました。しかも税込499円!


かやふきんのようなガーゼっぽい生地を想像していたのでシャキッとした手触りはちょっと意外でしたが、値段も安いことだし試しに買ってみることにします。


ちょっと刺繍でも入れちゃう? と一瞬頭をよぎったので白オンリー12枚組を。


もしかしたら蚊帳フキンのように糊がかかっているのかも? と思い早速水洗いをしてみましたがそんなことはないようです。


それほど細くない糸で目の詰まった平織り。カジュアルシャツに使われるオックスフォード生地をもっとざっくりさせたような?


生地の厚みはそれほどないので、台布巾として使うには物足りないかもしれません。食器を拭くにはすぐにビショビショになってしまうというレビューも見かけました。




今回の目的はパン焼き用なので、厚み・質感・40x40cmという大きさも問題なし。水で濡らして絞ってみた感じも今まで使っていたドビー織りよりはかなり軽い感じ。




デザイン的には味も素っ気もないシロモノなので、ハンコや刺繍で可愛らしくアレンジして使っている方も多いみたい。



時間に余裕ができたらちょこっと刺繍でもしてみるかな。









パン作り 料理ブログ・テーマ
パン作り
50代からの自分を楽しむ、暮らしを楽しむ ライフスタイルブログ・テーマ
50代からの自分を楽しむ、暮らしを楽しむ
50代主婦日記 ブログブログ・テーマ
50代主婦日記


いつも応援ありがとうございます。
ポチッとしていただくと更新の励みになります。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ

↓ 読者登録もぜひ!
B_type - にほんブログ村