<当サイトには広告リンクが含まれています>

当サイトはアフィリエイトプログラムを利用しており、記事中に商品のPRや広告が含まれることがあります。また、サイト内に楽天市場・Amazon・GoogleAdsence等の広告バナーが表示されます。これらのリンクを経由して商品・サービスを購入されると、運営者LEEは提携企業から広告報酬を受け取ることがあります。

行列ってなんだっけ?【数学ガールの秘密ノート】



この歳になって高校数学をやり直すハメになるなんて…の日々。

学校教科書・青チャートに加えて読み物風参考書にお世話になっています。




高校では扱わなくなってしまった【行列】ですが、私が一緒に勉強している生徒さんはガッツリ行列習うんだって。

教科書が【数1】【数2】のような分け方ではなく【線形代数】というヤツなの。

なにせ40年も昔に習ったっきりで実生活では全く触れる機会がありません。

大きな丸カッコで挟まれた中に数字がたくさん並んでいる風景がかすかに記憶に残っているだけ。

自分の時代の感覚で「数列・行列は【数2B】の青チャートあればいいよね」と安心していたら、行列が載ってなくて慌てました。

参考書を探すと大学生初等向けの本ばかり。

なもんで、とりあえず【数学ガールの秘密ノート】シリーズから行列を扱ったこちらの巻をメルカリでゲット。






昨年も別件でこのシリーズを手に取っています。
国会議員さんの三角関数不要論に触発されて、高校の数学をちょっと復習してみたくなってしまいました。 さすがに現役高校生の使う教科書や参...

「秘密ノート」の16巻(2023年6月現在)は、いくつかある「数学ガール」シリーズの中でも初学者にぴったり。

数学の得意な従兄弟の高校生(僕)に苦手な数学を教えてもらう中学生ユーリちゃん、「僕」の高校の後輩テトラちゃんといった登場人物の対話から数学を紐解いていく形式でとってもわかりやすい。

ユーリちゃんやテトラちゃんのひっかかりポイントがまさに私のひっかかりポイントとドンピシャなの〜。

数学得意な男子と苦手な女子っていうステレオタイプな人物設定なのがちょっとアレですけど、内容的には本当にオススメ。


こういう風に数学を習っていたら、あそこまでの苦手意識は持たないですんだかも…と思わずにはいられません。




読み物風な参考書に助けられつつも問題演習的な参考書も必要なので、行列が入っていた時代の青チャート【数3C】も古本で購入。






私が高校生の頃は文系理系関わらず全員が2年生で習う【数2B】に入っていたけれど、なぜ扱わなくなっちゃったのかしら。


コンピュータが発達してデータ分析を当たり前に扱う今の時代こそメチャクチャ大切な分野なのだと思うのだけど。

文科省もそこは痛感しているのか、このようなメッセージとともに素晴らしいテキストをwebに掲載しています。


【高校生向け】レベルで行列を扱う現行の学参が入手できない現在、この配布資料は文科省お墨付きの貴重な教材だわね。
行列入門(※令和4年8月23日に更新いたしました) (PDF:1.9MB) PDF





いつも応援ありがとうございます。
ポチッとしていただくと更新の励みになります。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ

↓ 読者登録もぜひ!
B_type - にほんブログ村